ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

“Coffee Meets Books” 本と出合える茶房がオープン!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


本好きなら一度は訪れたい、心地よい自分の部屋がもうひとつ増えたような、そんなCafe&Bookの新業態が池袋にオープン。珈琲を飲みながら本と向き合う時間をさらに楽しくしてくれる場所の登場に歓声が上がりそう!

6月30日(金)に東京メトロ池袋駅直結の駅ビル『Esola(エソラ)』池袋4階に出店した『本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)』は、本屋に併設するカフェという位置づけではなく、喫茶店で本との思いがけない出合いや、読書を愉しんでほしいとの思いで作られたカフェ。

約3000冊の本は、独自の選書センスで人気の『かもめブックス(神楽坂)』代表・柳下恭平氏が“あらたな本との出合い”をテーマに選んだもの。

オーダーを受けてからサイフォンにて丁寧に抽出される珈琲は、グアテマラをメインにビターチョコレートのような深いコクとボディ感を表現した深煎り「梟(フクロウ)ブレンド」。


おすすめメニューは、珈琲によく合う「BOOKシフォン(プレーン)」500円(税抜)や「ホットドッグ(プレーン)」480円(税抜)。本を読みながら、小腹を満たすこともできる。


店内の座席は訪れる人のニーズにあわせて4つのテーマでデザイン。“珈琲と食事を楽しむ”、“読書と珈琲を楽しむ”、“物思いに耽る”、“お喋りする”と、その日の気分で客席を使い分けることができるのは嬉しい限りだ。

駅ビルにあるから立ち寄りやすさも魅力の『本と珈琲 梟書茶房』で、素敵な本と珈琲に出合ってみて。

■『本と珈琲 梟書茶房』
住所:東京都豊島区西池袋1-12-1

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。