体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベリアルの息子が主人公!?新たなヒーローの形を魅せる『ウルトラマンジード』が今夏放送

新しいウルトラマンのお目見えだ。テレビ東京系で2017年7月8日(土)から「ウルトラマンジード」が放送される。ウルトラマンベリアルの息子である朝倉リクが悪に立ち向かうヒーローの新しい形に挑戦した物語だ!

 

悪の権化・ベリアルの息子「ウルトラマンジード」の苦悩を描く

突如出現した巨大怪獣・スカルゴモラ。ゴモラとレッドキングの二大怪獣の特性を併せ持つベリアル融合獣であり、怪力でなんでもぶち壊す剛力無双の怪獣だ。必殺技は角から放つスカル振動波。スカルゴモラが街を襲撃することから物語は始まる。

濵田龍臣(16)が演じる主人公・朝倉リクは、人々を救うヒーローに憧れを抱いていた。

スカルゴモラの襲撃によって住む場所を失った朝倉リクは秘密基地「星雲荘」に誘われる。「星雲荘」の報告管理システムである「レム」からウルトラマンジードになる力を開放するアイテムを与えられる。レムの声は声優の三森すずこ(31)が担当。

レムから与えられた「ジードライザー」と「ウルトラカプセル」を使ってウルトラマンジードに変身するリク。しかし、その姿は悪の権化であるウルトラマンベリアルに酷似していた。

驚くことに、リクはベリアルの息子だったと判明する。

リクはウルトラマンジードに変身し、スカルゴモラと戦う。しかし、人々はその姿から悪の権化であったベリアルを連想し、恐怖を抱く。リク自身も、自分はなぜベリアルの息子なのかと苦悩する。

 

ウルトラマンジードはウルトラカプセルを使ってタイプチェンジ!

「決めるぜ! 覚悟!!」

ウルトラマンジードの基本形「プリミティブ」。必殺技は腕を十字に組んで放つ「レッキングバースト」。

 

「燃やすぜ! 勇気!!」

硬い体で剛力を発揮する「ソリッドバーニング」。近接戦闘を得意とする。

 

「見せるぜ! 衝撃!!」

身軽で華麗「アクロスマッシャー」。超絶速度の動きが特徴的。光の剣や興奮抑制などの多彩な光線技を駆使する。

 

物語に巻き込まれていくキャラクターも多彩

リクと秘密基地で暮らすベガッサ星人の男の子・ベガ。声は潘めぐみ(28)が担当。内気で臆病な性格だが、リクの戦いをサポート。手先が器用で造花づくりの内職に精を出す。

怪獣出現の謎を追っている刀剣を持つ女の子・鳥羽ライハ。演じるのは山本千尋(20)。秘密基地でリクと共同生活をすることになる。剣術や武術に長けており、日々のトレーニングは欠かさない。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。