体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小橋賢児氏、LINE MUSIC高橋明彦氏、ももクロらが登壇、エンタメ・ビジネスの最新動向が分かる「エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA」が7/6開催

小橋賢児氏、LINE MUSIC高橋明彦氏、ももクロらが登壇、エンタメ・ビジネスの最新動向が分かる「エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA」が7/6開催

創刊20周年を迎えた『日経エンタテインメント!』が、7月6日(木)@渋谷ヒカリエ(ホールA、ホールB)にて記念イベント「エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA」を開催する。

「エンタテインメント・ビジネス・カンファレンス」では、小橋賢児氏(クリエイター/ディレクター/プロデューサー)、高橋明彦氏(LINE MUSIC 取締役)、冨田義博氏(EMTG 代表取締役社長)、橋元恵一氏(Zeppライブ 音楽プロデューサー)が登壇する『激変する音楽業界の最新事情』など3つのカンファレンスを実施。VRやAI、動画配信、電子チケットといった新技術に注目し、それらがどのようにエンタテインメントの世界を変えるのかを各社キーパーソンが講演する。

また、継承すべき“伝統”を、ももいろクローバーZのメンバーが聞き手となって各界の諸先輩方から学ぶトークショウ「試練の七番勝負・番外編」も同時に開催する。

エンタテインメントの過去から未来までが一望できる「エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA」への参加申し込みは特設サイト(http://expo.nikkeibp.co.jp/entdays/)まで。

エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA
http://expo.nikkeibp.co.jp/entdays/

イベント概要
「エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA」
会期:2017年7月6日(木)
会場:渋谷ヒカリエ(ホールA、ホールB)
主催:日経エンタテインメント!
問合せ:http://nkbp.jp/2siWS9f

エンタテインメント・ビジネス・カンファレンス
◆10:00〜13:00『テクノロジーが変えるエンタテインメントの未来』
・西野 亮廣氏(お笑い芸人、絵本作家)
・谷口 達彦氏(サイバーエージェント 執行役員/AbemaTV 編成制作局 制作部 ゼネラルマネージャー)
・前田 裕二氏(SHOWROOM 代表取締役社長)

◆13:45〜16:45『本格始動する動画配信ビジネス』
・長澤 一史氏(HJホールディングス コンテンツチーフオフィサー)
・半田 英智氏(GYAO 取締役)
・水野 重理氏(Perform Investment Japan DAZNコンテンツ制作本部長)
・堤 天心氏(U-NEXT 取締役 NEXT事業本部長)

◆17:30〜20:30『激変する音楽業界の最新事情』
・小橋 賢児氏(クリエイター/ディレクター/プロデューサー)
・高橋 明彦氏(LINE MUSIC 取締役)
・冨田 義博氏(EMTG 代表取締役社長)
・橋元 恵一氏(Zeppライブ 音楽プロデューサー)

詳細&申込: http://expo.nikkeibp.co.jp/entdays/

カンファレンス詳細
◆10:00〜13:00
『テクノロジーが変えるエンタテインメントの未来』
見るものの心を揺さぶるエンタテインメント。感動の本質は変わらなくても、その伝え方や制作方法はテクノロジーの進化により、これまでも刻々と形を変えてきました。さらに近年、IT技術の発達とともに、エンタテインメントのあり方が大きな変貌を遂げつつあります。エンタテインメントの未来はどこに向かっているのでしょうか。キーノートセッションでは、ITを独特の方法でエンタテインメトに活用している識者が、その未来を見据えます。

【登壇者】
●西野 亮廣氏(お笑い芸人、絵本作家)
1999年9月、梶原雄太氏とともにお笑いコンビ・キングコングを結成。09年1月、にしの あきひろ名義で絵本作家デビュー。その後、個展の開催費用や絵本製作の費用をクラウドファンディングで集めたり、絵本製作にクラウドソーシングを取り入れるなど、クリエイティブとITを融合させる形で創作活動を進める。また今年1月には、昨年10月に発表した絵本『えんとつ町のプペル』をネット上で全ページ無料公開して大きな注目を集めた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy