ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

グウェンドリン・クリスティー、ロバート・ゼメキスの作品でスティーヴ・カレルと共演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローン』に出演しているグウェンドリン・クリスティーは、ジェフ・マルムバーグが2010年に発表したドキュメンタリー映画『Marwencol(原題)』をベースとするロバート・ゼメキスのプロジェクトで、スティーヴ・カレルと共演する。

ダイアン・クルーガー、レスリー・マン、ジャネール・モネイらも出演する。カレルは暴行を受けた経験から立ち直るために、ミニチュアの第二次世界大戦村を作る男を演じる。クリスティーは、失意から立ち直ろうとする男の世話人として、芸術的な想像力がどのように人間の精神を治癒するのかを見守る。

クリスティーは、HBOのドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のタースのブライエニー役でその名を知られ、ドラマ『トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~』シリーズでは、ニコール・キッドマン、エリザベス・モスと並び主役を演じている。また彼女は、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でキャプテン・ファズマを演じ、新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも出演する。

ゼメキスは本作の監督兼プロデューサーを務め、キャロライン・トンプソンと共に脚本も手がける。スティーヴ・スターキーとジャック・ラプケも、米ユニバーサル・ピクチャーズ傘下にあるゼメキスの製作会社 イメージムーバーズを通してシェリラン・マーティンとプロデュースに参加する。

マルムバーグとジャッキー・リーバインはエグゼクティブ・プロデュースを手がける。『Marwencol(原題)』は、ボストン映画批評家協会、サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)でアワードを獲得した。

ユニバーサルのプロダクション担当副社長のマラディス・フレンケルと、開発部門のディレクターのクロエ・イエリンがユニバーサルを代表してプロジェクトを監督する。

クリスティは、WME、インディペンデント・タレント・グループ(英国)、ジャコウェイ・タイアーマン・ヴェルテマー・オーステン・マンデルバウム・モリス&クレインを代理人としている。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。