ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MPA、2017年度音楽著作権管理者養成講座がスタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MPA、2017年度音楽著作権管理者養成講座がスタート

MPA(日本音楽出版社協会)は、2017年度の音楽著作権管理者養成講座を6月27日より開講した。

講座は、会長の桑波田氏による「音楽出版ビジネス概論」をテーマにした講義からスタート。講義の冒頭で、「著作権管理者として一番大事なことは『作家を守る』ことであり、そのことを意識しながら今後の50時限の講義を聞いてほしい」と述べた。

その日は引き続き「音楽出版社の歴史(外国)」「音楽出版社の歴史(日本)」(朝妻一郎氏・フジパシフィックミュージック代表取締役会長/MPA顧問)の計3講義が行われた。講座は11月まで、延べ17日間にわたって実施され、全講座終了後には、修了試験が行われることになっている。

また、7月3日より、本講座で使用している2017-2018年版テキスト『音楽著作権管理の法と実務BASICS&BUSINESS』の販売をMPAのウェブサイトにて開始する。A5判で価格は11,000円+税(送料別)。今回は、カリキュラムにあわせて全面改訂を行い、新たに「著作権契約書について」「映像に音楽を使う時の留意点〜ライブラリー音源〜」「AI、IoT時代の著作権制度」「次代の著作権エージェントを目指して〜NexToneの管理事業」などのテーマを加え、より充実した内容となっている。

なお、過去に講座を修了した人を対象にした、再履修制度の申込はMPAのウェブサイトにて引き続き受付中。全50時限の講義の中から自由に選択して受講することができる。

関連リンク

MPA(一般社団法人日本音楽出版社協会)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。