ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験できる職業は「魔法使い」!ねるねるねるね「おかし研究所」カンドゥーにオープン 

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「ねるねるねるねは、ヘっへっへ~。ねればねるほど、色が変わって~」から始まるCMを覚えているでしょうか。
魔女の老婆が登場し、今や知育菓子として定番の『ねるねるねるね』(クラシエフーズ株式会社)を絶賛紹介し、最後に「テレレレッテレー」という効果音とともに「うまい!」でしめくくるCM。

1986年の発売と同時にCMシリーズが展開されていますが、その魔女が日夜ねるねるねるねを研究している場所「おかし研究所」が、イオンモール幕張新都心内にある仕事体験テーマパーク『カンドゥー』に7月7日グランドオープンします。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

カンドゥーは子供が中心となり親子で楽しめる、お仕事体験型のテーマパーク。パイロットをはじめ、ファッションモデル、建築士、新聞記者、警察官、カフェ店員など、あこがれの職業にチャレンジできます。本格的なセットのもと、本物さながらのコスチュームを着て体験できるのが人気。ねるねるねるねを研究している「おかし研究所」は、4つあるゾーンの中の「マジック・ビレッジ」にオープンします。

研究所で体験できる職業は「魔法使い」。魔法使いになりきって、「ねるねるねるね」の色が変わる仕組みを映像で研究したり、膨らむ仕組みが実験できたりします。また、研究の最後には、魔法の粉を使って、自分だけの「オリジナルねるねるねるね」が作れます。

さらに、魔法使いの仕事のおみやげとして、「魔女さんの作ったねるねるねるね」と、「おかし魔法研究所」のスタンプカードがプレゼントされ、仕事を3回すると素敵なプレゼントが貰えるそうです。

またおかし魔法研究所の中には、世界にひとつしかない「ねるねるねるねの魔女さんのつぼ」が置かれ、撮影スポットとして展開されます。

カンドゥーの場所は、イオンモール幕張新都心(千葉県千葉市美浜区豊砂1-1)ファミリーモール3F。営業時間は1部、2部にわかれ、第1部が10:00~14:30、第2部が15:30~20:00。入場料は3~15歳が3200円~、大人が2500円、55歳以上1000円になっています。

(おたくま経済新聞編集部 / 画像提供・クラシエフーズ株式会社)

関連記事リンク(外部サイト)

違和感仕事してる…けど…バイクシェアPR動画のオチに思わず二度見
佐々木蔵之介が「ヘイ」しか言わないWEB動画が謎の中毒性 ヘイヘイヘーイ!
良いサービスが当たり前!日本の顧客サービス事情がシビアすぎ

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。