ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サイトメガロウィルスって? 気軽に受けた検査から、不安だらけの妊婦生活に…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:akasugu:20160829164102p:plain この記事に対する、産婦人科医のきゅー先生からのアドバイスはこちら:

妊婦さんは子どもと食べ物を共有しないで!サイトメガロウイルスについて産婦人科医、きゅー先生に伺いました

心から待ち望んだ妊婦生活。喜びの絶頂の反面、38歳という年齢のせいもあり、不安のつきまとう生活でした。

6年前の長男のときは、つわりもトラブルも何もない元気すぎる妊婦だったのに。

それは妊娠初期の15週のこと。サイトメガロウィルスの検査で陽性という結果が出ました。

上の子のときにはなかった検査です。しかも任意で自費負担。

多分大丈夫だからやめようという考えもよぎりましたが、念のため受けました。

そんな軽い気持ちだったのに、まさか陽性なんて!

サイトメガロウィルスって? 陽性だとどうなっちゃうの?!

受けるかどうか意思確認を書類提出する際、どういうものかという説明書きは読んでいました。

まさか陽性になると思わなかったため、軽い気持ちで読み流していましたが、改めて熟読しました。

陽性となった場合で心配なパターンは、妊婦が初感染であること。

それで胎児に感染してしまうと、胎児に障害が出る可能性があるというものです。 関連記事:「普通にしていれば大丈夫」と思っていたのに…妊娠初期、風疹感染の疑い

陽性となったときの先生からの説明は、

「再検査をしますので、その結果で初感染なのか、前に感染した際の抗体が残ってこの値になっているのかが分かります。初感染の場合だと胎児に感染する心配がありますが、可能性は10%ほどですし、感染しても何の症状も出ない場合もあります。」

そんなに心配しなくていいとなだめられるように説明されましたが、私の頭は真っ白になって、どうしようやばいかもどうしよう…。

再検査といってもすぐに採血ではなく1ヶ月後の検査で、その結果が出るまでにまた2週間ほどかかります。

その長く長く思える間、サイトメガロウィルスについて調べて調べて、不安な日々を送りました。

サイトメガロウィルスは、成人のほとんどが既に感染して免疫をもっています。

子どもの唾液や尿などから感染して、健康な場合は特に発症することなく済んでしまいます。

1世代前の時代までは、子供たちの遊び方ももっと子供同士の触れ合いが濃く、取っ組み合いや泥まみれになって遊んでるうちに感染し合って免疫ができていたようですが、時代の変化もあり、今の世代では大人になるまで感染しない人の割合が増えたそうです。

なので親世代から最近まではあまり問題になってこなかったんですね。

特に注意すべきは2人目の妊娠時で、上の子の食事のとき同じスプーンであげたり、おむつ替えをしたり、例えばチューでも…感染する要因はたくさんあります。

妊婦時に初感染すると、胎盤を通して胎児に感染する可能性が30〜50%あるというのです。

感染した場合10〜30%の確率で障害が出てしまいます。生まれたときは大丈夫でも後に難聴になったり、脳の障害や死産・流産の可能性もあるとのこと。

毎日不安にかられながら、調べては怖くなり、暇さえあればネットで陽性だった方の値やその後の体験談をみたりしていました。

そんなこと知らなかった。知っていれば上の子との接し方をもっと気を付けたのに!

6年前にはなかった検査でしかも任意。検査を選ばなければ気づくこともなかったのです。

どれくらいの人に知られていたの?認知度が低いように思えて、歯がゆい気持ちになりました。

再検査結果を待つ間に一度不正出血もあり、サイトメガロウィルスが影響してるんじゃないかと不安で涙が出ました。 関連記事:流産を経て、待望の2人目妊娠。…でも、りんご病感染で目の前が真っ暗に!

再検査の結果、初感染ではないと判断され、念のため生まれてすぐ赤ちゃんの尿検査をするということでひとまず安心できることとなりました。

これから2人目以降を考えられてる方など特に知っていてほしいと思い書きました。参考にしていただければと思います。

≪参考≫

私の検査結果

私のように陽性になってネット検索している方へ参考になれば。

私はこの値で大丈夫でした。出生時の赤ちゃんの検査でも問題ありませんでした。

1回目 IgG(+)24.4 IgM(+)5.16

再検査 IgG(+)30.4 IgM(+)5.08

私が血眼になって色々なサイトから拾い集めた情報を簡単に書いております。

詳しいことや値の見方などは専門サイトやお医者さんに相談してください。

あくまで参考と、あとは少しでも周知の手助けになればと思いました。

不安は胎教によくありませんし、妊婦さんが少しでも安心して、赤ちゃんを待つ幸せを感じながら過ごせますように。

著者:ちぃすりぃ

わんぱく可愛い和み系の息子と、長~いベビ待ちの末授かった娘のママです。

有職主婦でただいま育児休暇中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妊婦さんは子どもと食べ物を共有しないで!サイトメガロウイルスについて産婦人科医、きゅー先生に伺いました
妊娠の可能性はないと思って飲んだ風邪薬。まさかの陽性反応で不安のどん底に…
毎年女性検診をしていたのに卵巣のう腫

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。