ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

BCLラジオの名機は格安の並行輸入品で2万円

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
BCLラジオの名機は格安の並行輸入品で2万円

高性能BCLラジオの定番として名高いソニーの「ICF-SW7600GR」は、2001年の発売から既に15年以上経過。価格も3万円前後と決して安くありません。にもかかわらず、「価格.com」ではいまだにラジオの売れ筋ランキングで上位をキープしています。そんなBCLラジオの名機は格安の並行輸入品がおすすめです。

BCLラジオをAmazon並行輸入品

ICF-SW7600GRは「感度・明瞭度・音質」と三拍子揃った基本性能を持つBCLラジオ。混信の多い時に便利なアッテネータや同期検波機能を装備するなど、遠距離受信でも他の追随を許さないのが人気の秘密でしょう。

そんな定番のBCLラジオが、Amazonでは並行輸入品として約2万円で購入できます。ACアダプタこそ付属していませんが、性能的には国内製品と全く同じで非常にお得といえるでしょう。

ACアダプタが欲しい場合、純正のACアダプタ「AC-E60L」は生産完了。在庫品は1万円近くすることもあります。しかし、オーム電機のACアダプタなら、ノイズが少なく1,000円ほどで購入可能です。

BCLラジオに短波用アンテナ

また、BCLラジオとセットで利用したいのが、短波用アクティブアンテナ「AN-LP1」。メーカーでも品切れとなっている製品です。こちらは現状、8,000円前後で購入可能です。

ICF-SW7600GRの受信周波数は150~529kHz(LW)、530~1620kHz(AM)、1621~29999kHz(SW)、76.0~108.0MHz(FM)。電源は単3形乾電池×4本で、電池持続時間は約15時間(FM)、約10時間(AM)となっています。

チューニングはPLLシンセチューニングでなので、DSPで設計された新型機とは技術的な違いはあります。サイズ/重さは190W×118.8H×35.3Dmm/608g。実際価格は19,979円です。

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。