体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【沿線調査】埼玉・東京・神奈川を走り抜けるJR京浜東北・根岸線の住み心地

【沿線調査】埼玉・東京・神奈川を走り抜けるJR京浜東北・根岸線の住み心地

大船駅(神奈川)と大宮駅(埼玉)を結ぶJR京浜東北・根岸線。大宮駅から東京駅を経由して横浜駅までを走るのがJR京浜東北線、横浜駅から大船駅間はJR根岸線と一体の運行形態となっており、JR京浜東北・根岸線と呼ばれている。実際に沿線で暮らす人々は、その住み心地をどう感じているのだろう? そこで、JR京浜東北・根岸線沿線に住むユーザー150人を対象に、アンケート調査を行った。

交通利便性だけでなく、好きな駅やスポットがたくさんある

JR京浜東北・根岸線は、今回SUUMOジャーナルで調査を行った全15路線中、停車駅が46駅と最も多く、埼玉・東京・神奈川の3都県をつないでいる。だとすれば、ユーザーの住み心地もバラつきが出そうな気もするが……。まずは、沿線の好きなところから聞いた。

●好きなところ(複数回答)

1位:どこに行くにも便利(84.4%)

2位:運行本数が多い(57.8%)

3位:ほかの沿線に乗り換えしやすい(49.7%)

4位:都心のターミナル駅に出なくても沿線上に栄えた駅があって便利(19.0%)

4位:終電が遅いもしくは始発が早い(19.0%)

6位:好きな駅やスポットがたくさんある(18.4%)

7位:乗車運賃が安い(15.6%)

8位:家賃や物価が安い(15.0%)

9位:遅延が少ない(11.6%)

10位:電車内がきれい(10.9%)

見事1位となった「どこに行くにも便利」は84.4%と、かなりの高ポイントに思えるが、今回SUUMOジャーナルで調査を行った全15路線で比較すると、全体で4番目。2位「運行本数が多い」は山手線の64.6%に次いで2番目だった。

コメントでも、「(大宮駅や上野駅、東京駅、品川駅、横浜駅など)ターミナル駅が多い」(42歳・男性)や「時刻表を見なくても、数分間隔で次の電車が来る」(50歳・女性)、「新幹線や乗り換え拠点駅が多いので、都内にも遠いところにも簡単に行けて便利」(30歳・女性)との意見が散見され、埼玉・東京・神奈川どの都県に住んでいる人も、みな交通利便性の高さを実感しているよう。

「終電が遅いもしくは始発が早い」を好きなところに挙げるユーザーも多く、JR山手線(29.9%)、JR総武線(23.8%)に続いて全体で3番目。それぞれの始発時間を調べてみると、大宮駅発大船方面行きは4時30分、一方の大船駅発大宮方面行きは4時43分と、たしかに始発は早い。終電時間も、東京駅を乗車駅とし両端の駅まで帰ると仮定しても、23時59分の電車に乗れば大船駅に1時9分、0時22分の電車に乗れば1時16分に大宮駅に到着するので、残業したときやちょっと飲みすぎたときにも安心だろう。

また、交通利便性だけでなく、「好きな駅やスポットがたくさんある」と感じるユーザーも少なくないようで、「みなとみらい21や總持寺(そうじじ)など、沿線には魅力的なスポットが多い」(64歳・男性)「横浜、桜木町、関内、石川町、山手など、歴史あふれた町と近代化された町を多種多様に楽しめる」(66歳・男性)といった声も散見された。

満足度は高いが、人身事故や設備に不満も……

一方で、改善してほしいと感じるところはないものだろうか? 調査の結果、以下のようなランキングになった。

●改善してほしいところ(複数回答)

1位:通勤ラッシュ時の混雑が激しい(39.3%)

2位:あてはまるものはない(33.3%)

3位:悪天候時や事故など、遅延が多い(29.3%)

4位:駅やホーム、トイレが清潔ではない(15.3%)

5位:乗車運賃が高い(12.7%)

6位:駅のエレベーターやエスカレーターが少ない(12.0%)

7位:乗客のマナーが悪い(10.0%)

8位:ほかの線との乗り換えが不便・面倒(8.0%)

9位:運行本数が少ない(2.7%)

9位:終電が早いもしくは始発が遅い(2.7%)

9位:車両内が汚い(2.7%)

1位は「通勤ラッシュ時の混雑が激しい」の項目で、「車内がぎゅうぎゅう」(26歳・女性)、「ラッシュ時には、ホームから人が落ちるのではないかというほど混む。危ない」(66歳・男性)などの意見が挙がった。全15路線で比較すると、全体で8番目となりそこまでポイントが高いわけではないが、国土交通省が発表している「東京圏における主要区間の混雑率」(2015年度)※1によると、JR京浜東北線・川口駅~赤羽駅間の混雑率は177%。これは、折りたたむなど無理をすれば新聞を読めるくらいの混雑率なので、通勤時や通学時に毎朝続くというのは、相当のストレスだろう。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。