体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初! モニタをタッチして撮影する『FinePix Z300』

finepix_z300-01


モニタを見ながら、指先で被写体にタッチするとカメラが自動的にピントを合わせてシャッターを切ってくれる――3.0型タッチパネル液晶に『タッチショット』を搭載した世界初のデジタルカメラ『FinePix Z300』が、富士フィルムから6月20日より発売されます(すべての写真付き記事はこちら)。

z300-touchshot

『タッチショット』は、モニタを見ながら写したい人やモノを選んで指先でタッチすることでシャッターが切れる機能です。指先でタッチした被写体に、カメラが自動的にピントを合わせてくれるため、どんな構図でも簡単にきれいな写真を撮影できます。また、タッチパネル液晶を生かし、撮影した画像を指先でドラッグ&ドロップして2~5枚までの画像を組み合わせて1枚の画像を作る『レイアウトフォト』や、画像のフォルダ振り分け作業ができる『フォルダ管理』などの、編集機能も充実しています。

また、『FinePix Z300』は、被写体までの距離を認識したうえで発光量を適切に調節する『スーパーiフラッシュ』を搭載。暗い場所でのマクロ撮影で発生しやすい背景の“黒つぶれ”や被写体の“白とび”を防ぎます。照明を落とした場所でも“目で見たまま”の自然な明るさを表現してくれるので、料理やネイルアート、アクセサリーやオークション出品用の小物などの室内撮影も、安心してマクロを使うことができます。

finepix_z300-02

さらに、カメラ被写体に向けるだけで撮影条件を最適化する『シーンぴったりナビ』と、広い範囲で顔を検出する『顔キレイナビ』も搭載されており、カメラに任せておけば失敗せずに美しい写真が撮れそうです。高速赤外線通信(IrSimple/IrSS)に対応しているため、同機能を搭載した『FinePix』シリーズや、携帯電話、液晶テレビに画像を送信することもできます。

スリムでフラットなボディデザインは、角に丸みを持たせることで手になじむ美しいフォルムに仕上げられています。背面は、操作ボタンなどを配したタッチパネル液晶のみというシンプルさ。カラーバリエーションは、上品な光沢のピンクゴールドとホワイト、赤いアクセントカラーが印象的なブラック、そして角度によって印象が変わるパープルの4色です。価格はオープン。
 
『FinePix Z300』の主な仕様
有効画素数:1000万画素
記憶メディア:内蔵メモリー(約31MB)/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード
レンズ名称:フジノン光学式5倍ズームレンズ f6.4~32.0mm/F3.9~4.7
シャッタースピード:4~1/1000秒(全モードあわせて)
ISO感度:オート、ISO100~1600(標準出力感度)
デジタルズーム:最大約5.4倍(光学5倍と併用で最大約27倍)
連写:最短約0.6コマ/秒で連続5コマ
電池寿命:約170枚
重さ:150g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
サイズ:W92.0×D18.5×H56.5mm
 
 

■こんなカメラの記事もあります
プロカメラマンに“ホタル撮影のコツ”を聞いてみた
初心者でもわかりやすい! ソニーの一眼レフデジカメ『α』3機種発売
進化を拒むトイカメラ『VQ1015』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会