ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【2012年04月02日~04月08日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年04月02日~04月08日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:双子座

運気は絶好調。特に金銭運に恵まれています。思わぬ臨時収入があったりおごってもらえるなどラッキーなことが起こりそう。あなたの笑顔が幸運を呼ぶ鍵となるでしょう。仕事や勉強面では心の準備をしておくこと。目に見えるものよりも見えないものを大切にして吉。

第2位:射手座

運気は引き続き好調です。無理のない余裕のある生活を心掛けると吉。仕事運・勉強運は好調。これまでの積み重ねが結実する兆しです。思いどおりにいかないことがある時は立ち位置を変えて見ることが解決の鍵となるでしょう。他者をおとしいれるような言動は禁物。

第3位:蟹座

今週は心の持ちようが運気を左右する傾向にあります。小さな失敗にこだわらず気持ちを切り替えていくことを心掛けていきましょう。また余裕がなくなるとイライラしたり愚痴っぽくなりがちに。うまくストレスを解消することが肝要です。仕事運は地道な努力が高評価。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/180708 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:乙女座
運気は悪くないのですが気持ちが浮つきがちで思ったようにうまくいかないことが多くなりそう。自分をしっかりコントロールすることが肝要です。知識欲が旺盛になっているときなので、興味のあることや資格取得の勉強を始めるのも良いでしょう。前向きな姿勢が吉。

第5位:牡牛座
これまで頭を悩ませていた問題から解放される兆し。ただし調子に乗らないように注意が必要です。何でもかんでも飛びつくのではなくこれだと思うチャンスに乗ることが大切。家族や親戚などから口うるさいことを言われるかもしれません。感情的にならず受け流して。

第6位:天秤座
自分の力不足を痛感するできごとがあるかもしれません。しかしそのぶん成長する余地があると前向きにとらえて向上心に変えることが大切。自信をなくしてしまうのがいちばん悪い結果を招くことに。恋愛運は好調。相手の立場を考えた思いやりある言動が効果的です。

第7位:山羊座
恋愛運は好調。相手を対等な存在として見ることで良い協調性を生み出すことができそうです。見返りを求めようとするとガッカリするかも。また過去に失敗したことや途中でやめてしまったことを再度始めるのに良い時期です。ゼロからのスタートは見送ったほうが吉。

第8位:牡羊座
吉凶入り混じりの週となりそうです。気をつけるべきは横柄な言動。自覚もなく相手を不愉快にさせる可能性が。丁寧な受け答えを心掛けると良いでしょう。また周囲の力をアテにするのではなくまずは自力で乗り越えることからです。海外の情報にツキがあるでしょう。

第9位:獅子座
目的を見失いがちな週になるかもしれません。目の前にあることをコツコツと地道に片付けていくことから始めましょう。自分のためよりも相手のためを思う言動が良い結果につながるでしょう。また人間関係において迷いが生じたらとことん話し合うことが解決の鍵に。

第10位:水瓶座
状況が大きく変わろうとしている時。空気を読んだ臨機応変な対応が高評価につながるでしょう。自分のやりたいようにやるのは裏目に出て逆効果となる可能性大。周囲に合わせることも時には必要です。またやるべきことをやらずに不平や不満をもらすのは非難の的に。

第11位:蠍座
運気は低調気味。面倒なことを押し付けられて途方に暮れてしまうかもしれません。ただし愚痴を吐き出す時は相手を選んだほうが良さそう。どこで誰の耳に入るか分かりません。またバランス良く全体を見る目を養うことが幸運を呼ぶ鍵となるでしょう。偏見は禁物です。

第12位:魚座
運気は下降傾向に。思うように物事がはかどらず我慢を強いられる週となるかもしれません。ただしこの我慢はのちのち活きてくる可能性が高いので無駄にはなりません。軽はずみな発言や安請け合いは後悔する結果を招くので注意。無駄な出費にはくれぐれも気をつけて。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。