ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ハワイ】足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット【Café Lani HAWAII】

アラモアナSC(ショッピングセンター)内にて、ついつい長居してしまう居心地の良いカフェ【Café Lani HAWAII】をご紹介します。アラモアナSCと言えば、旅行者のほとんどが訪れるショッピングスポットではないでしょうか?

期間限定でJCBカードを提示するだけで無料にて利用できる「ピンクライン・トロリー」も運行しているため、買い物目的でなくてもふらっと立ち寄りたくなるスポットでもあります。しかし、1日で回るとなるととても広すぎて疲れてしまいます。そこで、休憩にもおすすめな穴場カフェ【Café Lani HAWAII】をご紹介。

アラモアナSCはとにかく広い!

アラモアナSCはとにかく広いです。その広さは約20万平方メートル、東京ドームで換算すると約4.5個分の広さとなります。・・・広いですね。ここを1日で回るとなると、予め訪れるショップを決めていたとしても、途中で疲れ果てるのがお決まりです。

そんな時は無理に回らずホテルへ直帰したいものですが、日程等の関係でなかなかそうはいきません。

そこで、足休めも兼ねて利用したいおすすめ穴場カフェ【Café Lani HAWAII】を訪れてみませんか?

エヴァウイング拡張エリアの山側パーキング沿いにあるカフェで、ガラス張りの店内にはゆっく~りとした時間が流れています。

どこにある?

ピンクライン・トロリーを利用した場合、2017年5月より新設された停留所「アラモアナセンター・サックスオフフィフス」にて降りましょう。

そのまま駐車場を突っ切り進むと、右手に世界のお茶専門店【LUPICIA】が見えてきます。この並びへと更に右へと進みます。途中、地元サーフショップ【HIC】やマクドナルドがあり、郵便局(USPS)付近にあるエスカレーターにて2階へと上がります。

すると左前方に、お目当ての【Café Lani HAWAII】が待っています。

店内へと入ろうとすると、入り口左手にある食品サンプルが目につきます。かなり仕上がりクオリティの高い食品サンプル。日本国内のレストランでは見慣れた光景ですが、海外ではそうお目にかかれません。

東京観光に訪れた外国人観光客が必ずと言っていいほど購入するお土産TOP10に「食品サンプル」が挙げられる事実が物語っているかと思います。

これだけでかなり期待が持てます。また、反対の右手のガラス張りでは、専用窯にて焼かれるたくさんの種類のパンが作られる様子も見学することができます。

ここで目に付いたのが、見覚えのある包丁(恐らく牛刀です)。握り手のデザインといい、私の愛用の包丁とよく似ています。何より、オールステンレス(一体型)ですので、衛生面もキチンと気を遣っていることが伺えます。安心ですね。

さぁ、店内へと入ってみましょう

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
では早速店内へと入ってみましょう。入るとまず目につく、高くて白い天井。こちらのお店は3つのテーマに分かれています。

大きな窓から明るく・優しい日の光が差し込む「ピクニック」
店内中央部の白い木が天井へと伸びる「森」
店内一番奥の少し暗めの照明でリラックスできる「リビングルーム」

個人的には明るい「ピクニック」がとても素敵に感じました。特に長いソファが両サイドに配置された席がおすすめです。大人数グループでの利用もできる程の広さで、軽く片側3人ずつ座れるかと思われます。何かと荷物が多くなってしまうお子様連れにもおすすめです。

無言で運ばれてくる謎のソース達

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
シートへと案内され、何を注文しようか悩んでいる中、スタッフが無言で当たり前のようにサーブしてくれる謎のソース達。四角いプレートに4つの仕切りがあり、それぞれにソースのようなものが入れられています。

その後焼き立てパンがやって来ます。その時に初めて「あ! パンにつけるんだ!」と気づきます。

はい。パンつけるソースです。今回は上から時計回りに、バター・ベリージュレ・チョコレートソース・オリーブオイルの4種類です。焼き立てでのサーブなのでソースなしでも十分においしいのですが、味変として、後でいただきましょう。

こちらでは焼き立てパンの食べ放題が無言でついています。

仕組みをイマイチ知らずにお店に入ると、「これ、後で料金取られるのでは?」と不安でいっぱいになりますが、安心してください。

こちらのお店では、無料付帯となっています。安心して食べましょう。

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
数ある中で特に美味しかったのが「クロワッサン」。サクサク・ふんわり。生地作りの大変さを知っているので余計においしく感じてしまいます。その他にも、シナモンシュガートーストもおすすめです。

次は甘いものチェック!

甘いものが食べたくなったら「パフェ」

パフェって、意外なことに海外では見かけることがないものです。ハワイではソフトクリームにチョコレートなストロベリーなどのソースをかけた所謂「ソフトクリーム・サンデー」というものは存在しますが、パフェというものは本当に意外と見ません。

なので、こちらのデザートメニューで「パフェ」の存在を知ると懐かしさからか、惹かれてしまいます。

今回はChocolate Parfait($10.50)と、「Cheesecake Tower Parfait」($13.50)をオーダーしました。他にも「Tiramisu Tower Parfait」($13.50)や「Queen Parfait」($17.50)も気になりましたが、無難な路線で行きます。

また、女子旅でのシェアとして「Super Hawaii Jumbo Parfait」($31.50)なんてものもあります。話題性を求めるなら、間違いなくこちらかと思いますが・・・。

さて、まずは「Chocolate Parfait」

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
コーンフレークの土台にバニラアイス・ホイップクリームが乗せられています。

そしてバナナのカットにオレオ、アメリカでお馴染みのハーシーズの板チョコが刺さっており、ミントとチェリーでカラーアクセントを添えてやって来ます。

「飛び切りおいしい!」というものでありませんが、無難で・安定感のあるパフェです。幼少期に喫茶店で食べたパフェをちょっとグレードアップしたような感じです。しかし、量はさすがアメリカです。1人ではちょっと難しいかと思いますので、2人でシェアするくらいが適量かと思います。

そして「Cheesecake Tower Parfait」。

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
こちらは見た目からしてもとてもフォトジェニックな一品。写真ではわかりにくいかもしれませんがトップの部分はキャラメリーゼされ、カリカリとなっています、

個人的には、パフェの終盤あたりは「ちょっと辛くなってきた・・・」ということが多いのですが、こちらのパフェは、いつの間にか完食してしまいました。Made in アメリカ・スイーツ独特の、しつこい甘ったるさというものが無く、途中のベリー類の甘酸っぱさがお口直しにもなり飽きることなく完食できたのだろうと思います。

もちろん食事での利用もおすすめ

また別日にはディナーとして利用しました。今回のオーダーメニューは以下です。

・「Clam, Oyster, Mussel Gratin in Basil Cream Sauce」$22.50
・「Roast Beef Salad with Mushrooms」$19.50
・「Bismarck」$18.50

「Clam, Oyster, Mussel Gratin in Basil Cream Sauce」$22.50

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
2017年3月~5月限定のスプリング・メニューです。これともう一つ、パスタメニューもあります。

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
USED感がいい味を出している木製のカッティングボードに乗せられてサーブされます。

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
アサリとカキ・ムール貝がたっぷりと入ったグラタンにチャウダー・ミニピザ・サラダがついています。グラタンの中には3種類の貝がゴロゴロ入っている欲張りな一品です。

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
写真では分かりにくいかもしれませんが、丸型のスライスパンにたっぷりとチーズがのせられたマルゲリータのミニピザです。

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
チャウダーはとっても濃厚! 食べ放題のパンの中にシンプル系のパンがありますので、器の中を拭く様に最後までいただきます。

「Roast Beef Salad with Mushrooms」$19.50

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
しっかり食べ応えもあるローストビーフサラダです。メニューに載せられている写真とは盛り付け方がだいぶ違いますが、味は裏切りません。しっかりと下味が付けられているのでそのままでも十分においしくいただけます。

さて、添えられているドレッシングをかけてお肉でお野菜をくるんでいただきましょう。厚めにスライスされたお肉が贅沢感を引き立たせます。

「Bismarck」$18.50

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
定番ピザ・ビスマルクです。半熟卵とハムが乗っています。店内窯にておいしいパンを焼いているだけあってやっぱりピザの生地そのものがふかふかクリスピーでおいしいです。

そして締めのコーヒーについてもご紹介。

締めにはぜひコーヒーを!

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
カフェの締めには、ぜひコーヒーをチョイスしてください。こちらのコーヒーは、ハワイではあまりお目にかかれない「本格サイフォン式」で淹れます。また、使用するコーヒー豆はハワイ島産の「カウコーヒー」です。

ハワイ島産のコーヒー豆といえば「コナコーヒー」が有名ですが、近年では「カウコーヒー」も注目されています。注目されたきっかけは、前米国大統領オバマ氏が就任晩餐会にて提供したことにあります。

ハワイ島のマウナロア火山の斜面に広がるエリア・カウ地区で栽培されているコーヒー豆で、コナコーヒーの産地・コナ地区にも近いエリアになります。

コナコーヒーもとても美味しいのですが、カウコーヒーは、とても香り高い点が特徴のコーヒー豆です。単品でコーヒー1杯($4.50)を注文すると、お代わり自由となります。

最高級品とも名高いカウコーヒーがお代わり自由なんて…贅沢の極みです。美味しいので何杯もお代わりしたくなりますが、ここはグッとこらえて2杯で留めておきましょう。

何回でも利用したくなる居心地のいいカフェ

足休めにおすすめ!アラモアナSC内で穴場なカフェスポット
今回の渡ハにて、カフェとディナーの計2回利用しました。ブレックファースト・ランチタイムには利用しませんでしたが、機会があれば、この時間帯も利用してみたいと思います。

個人的にはランチタイムのピークが過ぎた15時前後が比較的空いていますのでおすすめです。もちろんこの時間帯でも無料のパンの提供がありますのでご心配なく。

因みに、ディナーで利用した際、食べきれなくて [ to go ]をお願いしたところ、紙製のランチパック×3と買い物袋×1枚を渡されました。セルフで入れるのですね。

そこで気の利く担当スタッフが、ランチバックの空いたスペースに焼き立てのパンを入る分だけ入れてくれました。翌日、オーブンにて温めて美味しくいただきました。

後日知ったのですが、本当はパンの持ち帰りはできないようです。恐らくですが、我々はラストオーダー後の閉店間際にお願いしたからかと思います。

この時、コーヒーも持って帰らないか? と進めてくれましたが、荷物があったので今回は遠慮してしまいました。それが心残りです。

【店舗情報】
[店名]Café Lani HAWAII
[住所]1450 Ala Moana Blvd.
  Mall Level 2, Ewa Wing
  Honolulu, HI 96814
[アクセス]2階 Bloomingdale’s 付近
[問い合わせ先](808)955-5599
[営業時間]朝食:7:30~10:15
ランチ&ディナー:11:00~22:00
[店休日]年中無休

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。