ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年のエイプリルフール優秀賞発表! 皆がビックリしたあのジョークがダントツの1位

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今年のエイプリルフールは気合いの入った作品も多く各個人サイトや企業が、ユニークな嘘やジョークを公開。中には本当か嘘なのかわからず困惑してしまいそのネタの高度さがうかがえる。
そんなわけで今年のエイプリルフールの優秀賞を、アンケートにて1000人を対象に採ってみたぞ。

1位:GoogleMap ドラクエ風に8ビット化 262 (26.2%)
2位:Google 日本語入力 – モールスバージョン 55 (5.5%)
3位:ニコニコ動画 タッチ対応ネタ 47 (4.7%)
4位:地獄のミサワ 「青の祓魔師」公式サイト 34 (3.4%)
5位:クレヨンしんちゃん『マサオカート~ひまわり姫を救出せよ! 29 (2.9%)
6位:なし* 28 (2.8%)
7位:auが大リーグボール養成スマートフォン 「MAKYU 01」を発表 23 (2.3%)
8位:So-net 「モモ」が『どこでもいっしょ』のトロを中トロに 22 (2.2%)
9位:中川翔子がドワンゴに入社! 22 (2.2%)
10位:映画.comが日本語のサービスを終了し、中国語のサイトになる 22 (2.2%)

※上位10件 本件と関係無い余分な項目は削除しています。

1位はGoogleMap ドラクエ風に8ビット化

ダントツの1位は「GoogleMap ドラクエ風に8ビット化」だ。GoogleMapがドラゴンクエスト風なグラフィックになるという手の込んだエイプリルフールネタ。嘘というよりもジョークやネタと言った方が正しいだろう。またこのGoogleMapネタはYouTubeに動画も公開されており、GoogleMapsという『NES(ファミリーコンピュータ)』のソフトウェアもリリースされるジョークが展開。
スクウェア・エニックスの協力のもと、実現出来た気合いの入ったネタである。

Google Maps 8-bit for NES(YouTube)[リンク]
http://youtu.be/rznYifPHxDg


2位はGoogleの日本語 モールスバージョン

2位は同様にGoogleの日本語入力ネタ。こちらは日本語入力をスペースキーだけでおこなえるサービス『モールスバージョン』である。モールスの通りに入力すると実際に日本語が入力が出来るが実用性となると疑問。しかもモールスのタイミングが難しい。練習も可能なので是非自分の名前で練習してみてほしい。

Google 日本語入力モールスバージョン[リンク]
http://www.google.co.jp/ime/-.-.html
Google 日本語入力モールスバージョン紹介動画(YouTube)[リンク]
http://youtu.be/u5AYb778pwA


3位はニコニコ動画のタッチ対応ネタ

3位はニコニコ動画のタッチ対応ネタである。マウスカーソルの代わりに大きな指が出てくるという邪魔なネタ。男性の手と女性の手があるという凝りようだ。「またマウスに戻す」を選ぶと今度はマウスカーソルがマウスそのものになるという鬱陶しさ。これもエイプリルフールならではのネタだ。気合い入れすぎ。

ニコニコ動が新機能公開 動画プレイヤーの「タッチ操作」実現(ニコニコニュース)[リンク]
http://news.nicovideo.jp/watch/nw226742
すべてのパソコンで動画プレイヤーのタッチ操作ができる新機能を公開!(ニコニコ動画)[リンク]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17414227

以下は「地獄のミサワ 「青の祓魔師」公式サイト」、「クレヨンしんちゃん『マサオカート~ひまわり姫を救出せよ!」、「auが大リーグボール養成スマートフォン」と続いている。

今回のエイプリルフール優秀賞は「GoogleMap ドラクエ風に8ビット化」となった。この件は『日本インターネット エイプリル・フール協会』にも掲載される予定だ。

日本インターネット エイプリル・フール協会[リンク]
http://www.aprilfool.jp/
今年のエイプリルフール優秀作品は?[リンク]
http://find.2ch.net/enq/result.php/62951/l50?SF

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP