ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

砂浜でポエムを書く「ロボット」が教えてくれること。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
砂浜でポエムを書く「ロボット」が教えてくれること。

頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。

事前にプログラムされた詩ではなく、周りの状況を理解して考えた詩を砂浜に残します。

でも、せっかく書いた詩は、波で消されてしまうかもしれない。
そこには、デザイナーの隠された思いがありました。砂浜でポエムを書く「ロボット」が教えてくれること。砂浜でポエムを書く「ロボット」が教えてくれること。

センサーで感じて
自分で考える

かわいい外見とは裏腹に、たくさんのセンサーを搭載。波の状況や風の強さ、周囲の音などを判別し、パターンや関連性などを自分で見つけます。

そこから認識した情報をもとに「詩」を考え、砂浜に書いていく仕組み。

周りの状況に合わせて詩を作っていくため、同じ詩ができることはないそう。どんな詩が出来上がるのかは、ロボットのみが知るということです。砂浜でポエムを書く「ロボット」が教えてくれること。砂浜でポエムを書く「ロボット」が教えてくれること。砂浜でポエムを書く「ロボット」が教えてくれること。

ロボットは
人の役に立たないとダメ?

作ったのは、インタラクションデザイナーのYuxi Liuさん。

たくさんのロボットが作られるようになり「人の役に立つこと」だけが存在理由になってしまっていると気づき、その前提を覆したかったのだそう。

人の感情を理解してくれるわけでもない、移動はできるけど、人は運べない。せっかく書いた詩は、波に消されてしまう。

確かに、このロボットが役に立つのは難しそうです。

でも、本当に「ロボットは人の役に立たなければいけない」のでしょうか? そんな問いかけをしつつ、今日もどこかの砂浜に詩を書いているのでしょう。Licensed material used with permission by Yuxi Liu

関連記事リンク(外部サイト)

「自分を愛する者として」。チャールズ・チャップリンが書いた、10のポエム
ロボットに権利は与えられるべきなのか?
信じられる?どんどん身近になる「人工知能」の話題【まとめ5選】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。