体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソウルでAirbnbに泊まって気づいた、知っておくべきこと9選

ソウルでAirbnbに泊まってみた!大事なことはどんなこと?
ホテルではなく、マンションや一軒家などに泊まる「民泊」が流行っていますが、その先駆けになった「Airbnb」は有名ですよね。一度は使ってみたい・・・とは思っているものの、なかなか踏み出せずにいる人もいるのではないでしょうか。

先日、ソウルで「Airbnb」体験をしてきました。今回は、実際に民泊してみて気づいたことや、気をつけたいことをお伝えします。

部屋選びはかなり慎重に

ソウルでAirbnbに泊まってみた!大事なことはどんなこと?
(画像はイメージです)

民泊をするのに一番大事なのが部屋選び。サイトには本当にいっぱいの選択肢があるので迷っちゃいます。写真と違う場合があったり、危険なエリアだったりする場合もあるので、そういう時はレビューと評価で確認してみましょう。評価が高い部屋の方が安心感はあります。

ホストがどんな人なのかを知る

ソウルでAirbnbに泊まってみた!大事なことはどんなこと?
そしてもう一つ大事なのがホストがどんな人なのかということ。部屋のページにあるレビューや自己紹介で確認したり、実際にホストに連絡して問い合わせをしてみるのがオススメです。当たり前ですが、現地の人が多いので英語や日本語が話せるかどうかも重要。

部屋の設備は絶対に確認

ソウルでAirbnbに泊まってみた!大事なことはどんなこと?
部屋にどんな設備が整っているのかはとても大事なこと。ホテルとは違うので、タオルが用意されていないこともあります。歯ブラシなどは持参した方がよいでしょう。ただ、ホストによっては、タオルや部屋着などを用意してくれている場合もあります。

チェックイン前後に荷物を預かってもらえるか確認

ソウルでAirbnbに泊まってみた!大事なことはどんなこと?
チェックイン前や後に荷物を預かってもらえるかは、ホストによります。荷物を預かって欲しい時は、必ずホストに確認をしましょう。そうしないと、荷物を持ったまま観光や買い物などをする羽目に・・・。

家に帰ってきた気分で暮らしているような滞在ができる

ソウルでAirbnbに泊まってみた!大事なことはどんなこと?
民泊の良いところは、まるで現地で暮らしているみたいな気分で旅行ができること。ホテルとは違う居心地の良さは、民泊ならではです。ただ、普通のマンションだったら、他の住人が住んでいますから、ちゃんと気を使うことも大事ですよ。

あくまで「人の家」ということを忘れない

ソウルでAirbnbに泊まってみた!大事なことはどんなこと?
民泊で泊まる部屋は、あくまで「人の家」だということを忘れないように。ついつい居心地が良くて忘れてしまいそうですが、人から借りている部屋ですから、きれいに丁寧に使うことが大事です。パーティはしないなど、ホストが決めたルールは必ず守りましょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。