体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【背脂チャッチャ系】伝説の環七「土佐っ子」のDNAを受け継ぎし「じょっぱりラーメン」

f:id:Meshi2_IB:20170609191015j:plain

環七ブームの立役者、「土佐っ子」

土佐っ子ラーメンを覚えているだろうか。

1980~90年代にかけて、環七ラーメン戦争と呼ばれるムーブメントが勃発した頃の話だ。

夜な夜なタクシーや一般乗用車が向かった先は、東京の交通網の大動脈となった環状七号線(通称:環七)沿いに、派手なネオンの輝くラーメン店。

f:id:Meshi2_Writer:20170607215004j:plain

▲幹線道路沿いの光景 ※写真はイメージです

車社会が出来上がるにつれ、幹線道路沿いにドライバーを当て込むかのようにラーメン店が増えた時代だった。ラーメンの味は脂でコッテリとしたものが主流。つまり、この連載1回目のホープ軒本舗タイプのラーメンが経済成長期の働き盛りの男たちをメインにウケ、ホープ軒の支店やその出身店以外にも、まねた、今で言うインスパイア店が環七沿いに増殖した。

その中でもブームを牽引していたのが、板橋区は東武東上線ときわ台駅と中板橋駅の中間を走る環七沿いにあった、「土佐っ子」。

「土佐っ子」は、ホープ軒本舗が貸していた屋台から出発し、独立した店。

ラーメン自体は他の多くの店同様、ホープ軒スタイルの茶濁した豚骨醤油スープだったが、最大の違いは、スープにコクを与えるために投入される背脂を、溶かさず固形のまま丼に豪快に振りかける“背脂チャッチャ系”と呼ばれるスタイルだった。

f:id:Meshi2_Writer:20170607225711j:plain

背脂まみれの一杯は見るからに身体に良くなさそうだが、そのパフォーマンスと、横一列に15人余り並ぶお客さんのラーメンを一気に作り、全員食べ終えたら、後ろに控えるまた15人程の列と入れ替わるという、まるでかつての共産圏の配給制度と見まごうシステムが独自の世界観を構築していた。

しかし盛者必衰の理なのか、初代の経営者は1990年代前半に諸々のトラブルで故郷の四国に帰ってしまった。経営者が代わり、土佐っ子「なすび」として営業を続けるも、徐々に味が下降線をたどり、また諸問題を抱え、ついに98年閉店となった。

今世紀に入った頃時期を同じくして、東京を中心に魚介と豚骨のWスープ等、さまざまなラーメンが登場し、ラーメン店そのものの数も増え、環七で栄えたタイプの豚骨醤油ラーメンが急速に姿を消していく。

現在、「土佐っ子」にいた従業員や関係者から教えを請うて独立したラーメン店がいくつか分派し、今なお営業を続けているお店も存在する。

そんな「土佐っ子」のDNAを受け継ぎし中でも、王道を行き、さらに進化しているお店が、「土佐っ子」と同じ板橋区内の東武東上線沿線に存在する。

下赤塚駅の南口からスグ、夜の街角にあたたかなオレンジ色の明かりが招く1軒。

f:id:Meshi2_Writer:20170607230055j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。