ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

告白はされる方がいい?それともする方?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

告白はされる方がいい?それともする方?
告白は、されるのとするのはどちらがいいですか?女性的にはされる方がいいという人が多い気もしますが、最近は草食系や絶食系の男子も多いことから、する方がいいという女性もいるかも。

 

そこで、告白はされる方がいいか、する方がいいか、アンケートで聞いてみました。

 

■90%の女性が告白される方がいいと思っている!

 

20〜30代の女性に、「告白は『される』と『する』のどちらがいいですか?」と質問。すると、「告白される」(90%)、「告白する」(10%)という結果に。大差をつけて「告白される」方がいいという結果になりましたが、それぞれ理由も聞いてみました。

 

<告白される>

●「恥ずかしくて自分からは言えないから」(31歳)

●「男性からしてもらった方が大事にしてもらえる気がするから」(27歳)

●「自分から追い掛けている感じよりも、向こうから追い掛けてきてほしい」(30歳)

●「『好き』と告白されるな、っていうドキドキ感が好き」(28歳)

●「男性に告白された方が思われていることを確認できるから安心する」(29歳)

●「その後の気持ち的に余裕が持てるから」(30歳)

 

<告白する>

●「自分の気持ちは自分の言葉でしっかり伝えたいから」(28歳)

●「告白されるような駆け引きができないため」(25歳)

●「どう告白するかを考える時間も楽しいから」(27歳)

●「告白されるのを待っていられないから」(22歳)

●「好きになると言わずにはいられなくなってしまう」(29歳)

●「物静かで遠慮がちな男性が好きなので、自分が告白しないとなかなか進みません」(31歳)

 

「告白される」方がよいという女性は、思われていることを確認したいとか、男性から追い掛けられている感じが欲しいといった理由が多数。自分からは告白できないという人も多数いました。「告白する」派の女性は、待っていられないからとか、自分の言葉でしっかり伝えたいからといった、頼もしい理由が多かったです。

 

告白される方は、やっぱり言われたら嬉しいし楽ですよね。告白する方は、タイミングやシチュエーションなど、自分の思い通りに進められるのが魅力です。

 

■現実も告白されて付き合っている女性が多い!

 

多くの女性が「告白される」方がいいと思っていることが分かりましたが、実際のところはどうなのでしょうか。告白される方とする方、現実はどうなのかも聞いてみると、「現実は相手から告白されて付き合っている(告白された方が多い)」(76%)、「現実は私から告白して付き合っている(告白した方が多い)」(10%)、「されたときもあり、したときもある(どちらも同じ割合)」(14%)でした。実際は、告白されて付き合っている女性が多いことが分かります。気になる告白の方法やシチュエーションも聞いてみると、「メールで盛り上がって、電話で言ってくれた」(27歳)や、「絶対フラれない自信を持たせるようにアピールして、告白をしてもらって、結婚した!」(32歳)といった、告白してもOKという雰囲気づくりをしてから告白される人が多いようです。

 

告白する派も、「告白しても大丈夫な状況を確認してから告白した」(27歳)、「いい感じになったころに告白します」(25歳)と、成功する確率が上がってから告白する人が大部分。相手からの好意を感じてからでないと、告白はなかなかできないようです。

 

されたときもあり、したときもあるという人は、「中高生のときは自分からガンガンいきました。大学からは好きアピールを覚えた」(27歳)や、「ひと目ぼれの人にはアタック!」(35歳)と恋愛方法が年齢とともに変化したり、相手によって変えるという意見がありました。

 

告白といった大切なところは、男性に決めてほしいという女性が多く、自分から告白するのはやはり勇気がいるみたい。男性にスムーズに告白してもらうためにも、“告白してもOKムード”をつくることも大切ですね。

 

 

【データ出典】

ゼクシィユーザーアンケート

調査期間:2017/4/7〜4/21

有効回答数:146人(女性)

 

 

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

関連記事リンク(外部サイト)

“とりあえず”付き合ったことってある?
SNSで告白、別れ話ってアリ?ナシ?
意外に多い“女子から告白”、その勝率は!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。