体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「社会的意義がない」と、3カ月準備した新規事業案をボツにされる【20代の不格好経験】~株式会社ispace COO 中村貴裕さん

今、ビジネスシーンで輝いている20代、30代のリーダーたち。そんな彼らにも、大きな失敗をして苦しんだり、壁にぶつかってもがいたりした経験があり、それらを乗り越えたからこそ、今のキャリアがあるのです。この連載記事は、彼らの「失敗談」をリレー形式でご紹介。どんな失敗経験が、どのような糧になったのか、インタビューします。

リレー第23回:株式会社ispace COO 中村貴裕さん

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社代表取締役 中西敦士さんよりご紹介)

f:id:itorikoitoriko:20170628164624j:plain

1980年生まれ。東京大学大学院で惑星科学を修了後、大手外資系コンサルティング会社に就職。コンサルタントとして6年間活躍した後、大手情報サービス会社に転職し、新規事業開発を担当。2015年2月、世界初の民間による月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一挑戦しているチーム「HAKUTO」を手掛ける株式会社ispaceに参画。

(会社概要)

ispaceは、民間月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するチーム「HAKUTO」を運営。同レースのミッションは、まず月面に純民間開発の月面探査機を着陸させること。そして着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。これを最初に達成したチームに優勝賞金2000万ドルが与えられる。ispaceでは2017年12月にロケット打ち上げの予定。

失敗を機に、「宇宙ビジネスで新しい産業を作ろう」と考えるように

f:id:itorikoitoriko:20170628164621j:plain

ispaceで現在挑戦しているのは、「Google Lunar XPRIZE」という民間月面探査レース。「HAKUTO」というチームを組み、このレースでトップを取ることを目指しています。そしてその後は、宇宙に関する知識とノウハウ、そして優勝賞金2000万ドルを元手に「宇宙ビジネス」にチャレンジ、全く新しい産業を創出することを目標としています。

私は大学、大学院と惑星科学を専攻し、ずっと宇宙に関する研究に没頭していたのですが、当時は宇宙を「ビジネス」として捉えたことはありませんでした。

周りの大半が、そのまま研究者の道に進みましたが、私は社会に出てさまざまな学びを得たいと思い、コンサルティング会社に入社。コンサルタントとしてがむしゃらに働く中で、いつしか宇宙のことは頭から消えていました。

再び「宇宙」に関わるようになったのは、2010年のこと。大学時代の友人の紹介で、ボランティアとして「HAKUTO」に参加したのがきっかけです。コンサルティングの仕事だけに没頭していた日々でしたが、宇宙への思いが呼び起され、気持ちが高揚しましたね。ただ、当時はまだ、「宇宙ビジネスにチャレンジしよう。新しい産業をこの手で生み出そう」などとは思っておらず、「プロジェクトをいかに成功させ、レースに勝つか」ばかりを考えていました。

そんな私の考えが変わったのは、2011年に転職した大手情報サービス会社での失敗経験がきっかけでした。

配属先は新規事業開発部門。「テーマは何でもいいから、新しい事業を生み出す」がミッション。ビジネスの芽を見つけては、調査を進めて企画を練り上げる…という日々を送っていました。

しかし、3カ月もの間、準備に準備を重ねて役員にプレゼンした企画案が、あっけなくボツになったんです。そのとき言われた言葉が、「お前の事業プランはきれいにまとまりすぎている。マネタイズはできるかもしれないけれど、大義や社会的意義が感じられないし、お前の思いも伝わってこない」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。