ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ササノマリイ&ぼくりり、激レア生ライブを初披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ササノマリイ&ぼくりり、激レア生ライブを初披露
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。6月27日(火)のオンエアでは、火曜日担当のDAOKOとのコンビでお届けしました。

この日はササノマリイさん、ぼくのりりっくのぼうよみさん(以下、ぼくりりさん)をゲストにお迎えして、激レアスペシャルコラボライブを生でお送りしました。

これまで数々のぼくりり作品でトラック・プロデュースで参加されてきたササノさん。そして、先日リリースされたササノさんご自身のシングル「game of life」では、ぼくりりさんを初めてフィーチャリングで迎えています。そんなお2人ですが、今回はどんなライブを披露してくれるのでしょうか?

「ぼくりりくんに提供した『CITI』と、そのトラックを使って僕が勝手に歌を入れた『Re:verb』という曲を混ぜこぜにして歌おうかなと」とササノさん。「激レア」とぼくりりさんも言うほど、貴重なスタジオライブとなりました。

披露してくれたのは、「Re:verb/CITI」と「game of life」の2曲。シンセサイザー、ドラムなど、本人たちを含め5人編成でのライブでお届けしました。藤田たちのいたスタジオとは別スタジオでの演奏だったのですが、観に行った藤田とDAOKOも大興奮するほど圧巻のパフォーマンスだったようです。

演奏を終え感想をお聞きすると、「楽しかった」と声を揃えるササノさんとぼくりりさん。すばらしく息の合ったコラボレーションだったのですが、合わせたのはこの日の夕方が初めてだったそう。かなり音源とは違うアレンジもあったはずですが、そのクオリティの高さにただただ驚かされる藤田とDAOKOでした。

2人は会ってからまだ1年ほどだそうで、「曲を作ってもらってから、実際会うまでけっこう間があって」とぼくりりさん。始まりはぼくりりさんから、ササノさんに曲の提供をお願いしたことからだったのですが、曲のやり取りは、直接会わずにメールでしていたそう。

ぼくりりさんにササノさんの印象をお聞きすると、「音に関しての幅の広さがエグくて。けっこう何曲も作ってもらってるんですけど、ぜんぜん種類の違う曲で、さらに全曲違うんだけど『あ、これはササノマリイの音だ』っていうのがめっちゃわかる」と絶賛。

実は先ほど「game of life」の終わりにササノさんがピアノでフレーズを弾いたのですが、それはぼくりりさんが5月にリリースした、ササノさん提供の曲「つきとさなぎ」のフレーズだったそう。ササノさんのサプライズだったため、ぼくりりさんもフレーズを聞いた瞬間、「激アツ」だったそうです。そんなお2人の仲の良さが終始伺えるオンエアとなりました。

■今回のオンエア曲
Suchmos「WIPER」
ねごと「DANCER IN THE HANABIRA」
Tempalay「革命前夜」
WANIMA「やってみよう」
ドミコ「くじらの巣」
SHE’S「Don’t Let Me Down」
銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」
Sonny Clark「Cool Struttin’」
ササノマリイ、ぼくのりりっくのぼうよみ「Re:verb/CITI」/「game of life」(共に スタジオライブ)
ササノマリイ「歩道橋と走馬燈」
ビッケブランカ「さよならに来ました」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。