ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

She, in the haze、ツアーファイナルで中毒者続出!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

仮面で顔を隠した“彼女”は長い巡礼の旅を終え、霧の中から私たちの前に現れた。2017年6月25日、下北沢MOSAiCにてShe, in the haze(以下、SITH)の『“Paranoid Tour 2017”-東京-Tour Final Oneman』の始まりだ。
6月25日@下北沢MOSAiC (okmusic UP's)

まずは1st EPから「Doubt」「Paranoid」、そして1st ミニアルバムから「Claudia」「Freezing」と圧倒的な轟音が世界を破壊していく。vo.gtのyu-kiの操るままに、最前列を占める10代のファンを中心に会場全体のボルテージは一気に上がっていく。轟音に身をまかせた私たちに、その後も次々とHeavyな、あるいはPOPな新曲が届けられる。SITH自身が言うところの「非日常の物語空間」の幕開けである。

ライブ中盤7曲目「Mama said」冒頭、yu-kiはひとこと「ここからは時系列、彼は何を求めていたのか?」とオーディエンスに謎の問いを投げる。SITHの作品の多くは“死”が起点となる。“死”のみが全ての人々に平等であり、“死”に向かう時系列の中で、人は人格や個性を、喜びや悲しみを形成する。彼は、何を求めて“死”へと向かうのか。「Behind」の轟音を通過し、「Calling」でついにオーディエンスは、yu-kiに導かれ大合唱に加わることとなる。溢れんばかりの観客とメンバー。yu-kiが後のMCで言うところの100人以上の“She, in the haze”が誕生した瞬間だ。大勢のオーディエンスが上げる声は、自らの慟哭なのか、霞の向こうに消えた彼女を呼び戻す声なのか、それとも神を讃える賛美歌なのか。

大合唱の余韻を残したまま、さらなる新曲を経由して、いよいよ「Stars」へと世界は昇華していく。全てが英語で歌われるSITHの楽曲だが、たとえ言葉は分からずとも“音”だけで、私たちはステージの向こう側に「死への憧れ」だけではなく「生への喜び」をも内包させた壮大なヴィジョンを目撃する。そしてついに12曲目「Teddy」。この美しい世界にサヨナラを言う。

なんて美しいライブなんだろう。観客だけが白い霧の中に取り残されてしまった。アンコールの拍手を届ける相手はどこにもいない。アンコールはいらない。“彼女”は再び霧の向こうへ行ってしまったのだから。

yu-kiはステージ上で多くを語らない。その本質は“音”から判断するしかない。そして音源と全く違う音をSITHはLiveで出す。それは音源よりも相当にハードな音だ。果たしてSITHは世界を救う神なのか、あるいは破壊を目的としたトリックスターなのか。音源を聴き考え、ライブで判断して欲しい。彼らは何者なのか。彼らから目が離せない。

text by 荒木敦史

photo by 硯谷昭広
『She, in the haze Onemanlive 2017』

12月02日(土) 東京 渋谷SPACE ODD

開場 / 開演 17:00 / 17:30

※オフィシャルHP先行受付中!

7月2日(日)23:59まで

http://bit.ly/2ug5tGj
EP 「Paranoid」
2017年5月17日発売

SITHR-002/¥1,000(税抜)

<収録曲>

1.Paranoid

2.Doubt

3.Calling

4.Teddy -acoustic ver.-
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。