体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

B’z、ゆず、BUCK-TICK…6月中旬から6月末リリース作品から18作を紹介

フリーマガジンokmusic UP’s vol.154(6/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、6月中旬から6月末リリース作品18作を紹介!
 (okmusic UP's)

1.「声明 / Still Alive」/B’z

2.「トナリアウ / ONE’S AGAIN」/THE ORAL CIGARETTES

3.「SHINE」/Fear, and Loathing in Las Vegas

4.『All Time Best ハタモトヒロ』/秦 基博

5.『game of life EP』/ササノマリイ

6.『絶巓鸞舞』/陰陽座

7.『橋本絵莉子波多野裕文』/橋本絵莉子波多野裕文

8.『謳おう』/ゆず

9.「DANCER IN THE HANABIRA」/ねごと

10.「いいひとどまり / スマートなんかなりたくない」/忘れらんねえよ

11.「ピースサイン」/米津玄師

12.『GO STOP TROUBLE』/THE MODS

13.『天使崩壊』/メガマソ

14.『KEMURI(2017リマスター)』/KEMURI

15.『LIVE AT NIPPON BUDOKAN』/04 Limited Sazabys

16.『CLIMAX TOGETHER-1992 compact disc-』/BUCK-TICK

17.『集団行動』/集団行動

18.『LAST SUPPER EP』/LILI LIMIT
「声明 / Still Alive」/B’z

ドラムの連打と勇壮なギターリフからド派手に始まり、《限界もNGも無くします》と退路を断ち、サビでガッツあふれるシャウトを轟かす「声明」は、王道のB’z節と言いたい最高さ! 愛しい人へのポジティブな想い+星屑のようなキーボードがきらめく「Still Alive」もエネルギッシュで、独自の4つ打ちハードロックに仕上げた。ひさびさのシングルとして文句なしの快作。53作目なのに、パワーありまくりです。

TEXT:田山雄士
「声明 / Still Alive」/B’z
Single 6/14 Release

VERMILLION RECORDS

【初回限定盤(DVD付)】

BMCV-4020 ¥1,850(税抜)

【通常盤】

BMCV-4021 ¥1,500(税抜)

【B’z×UCC盤(オリジナルグッズ+応募特典抽選ハガキ付)】

BMCV-4022 ¥2,000(税抜)
「トナリアウ / ONE’S AGAIN」/THE ORAL CIGARETTES

7枚目のシングル。TVアニメ『サクラダリセット』のエンディングテーマに起用された「トナリアウ」は、疾走感のあるビートやストリングスアレンジに切ない哀愁、儚い希望、耽美性を絶妙に掛け合わせ、オーラルの真骨頂が炸裂している。一方の「ONE’S AGAIN」は変則的なアンサンブルで心情の揺れを表現しつつ、弱さを曝け出した末、強く生きると誓う。山中拓也の歌、それを際立たせるバンドサウンドもまたひと皮剥けた。

TEXT:田山雄士
「トナリアウ / ONE’S AGAIN」/THE ORAL CIGARETTES
Single 6/14 Release

A-Sketch

【初回盤(DVD付)】

AZZS-64 ¥1,800(税抜)

【通常盤】

AZCS-2064 ¥1,200(税抜)
「SHINE」/Fear, and Loathing in Las Vegas

移籍第一弾シングルは、ラスベガスの真骨頂を叩き付けたライヴ映え必至の2曲を収録。表題曲はアッパーに攻めながら、フィジカルに訴えるビート感が強烈。ゲーム音楽的要素も織り込み、展開も凝っている。カップリング曲「Some

thing to Gain After the Pain」はグルービーなリフを特徴に、後半はシンフォニックなメロディーで広がりを見せるパートにもうっとり。どちらもインパクト抜群で、何度でも聴き返したくなる。

TEXT:荒金良介
「SHINE」/Fear, and Loathing in Las Vegas
Single 6/14 Release

WARNER MUSIC JAPAN

WPCL-12672

¥1,000(税抜)

※初回生産限定盤
『All Time Best ハタモトヒロ』/秦 基博

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会