体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

農家専門の婚活サイト設立者・岩谷さんが伝える、「農家の嫁という就職はいかが?」

婚活という言葉が一般的になった昨今、驚くほどたくさんの婚活方法が登場しています。結婚相談所や婚活サイトでの活動のほか、特にお見合いパーティーはイベント化、ニッチ化が顕著で、料理婚活、バス旅婚活、オタク婚活といった趣味を共有するものや、職業を絞った自衛隊婚活など、さまざまな企画が開催されています。

 

そしてついに、「田舎暮らしをしたい」「農業をしたい」という女性と、農家の後継ぎをつなぐ、究極にニッチな婚活サイトが登場しました。その名も「Raitai(ライタイ)」。蕾(つぼみ)と苔(こけ)に由来し、どちらも“芽吹く”意味があることから、良縁が芽生えることを表現しているそうです。

 

岩立友紀子さん

 

しかし、なぜ「農業専門」というニッチ過ぎる分野に参入したのでしょうか? サイトを立ち上げた岩立友紀子さんに、お話をうかがってきました。

 

―いきなり失礼ですけど、見た感じ、農家っぽくないですね(笑) 丸の内に居そう。

 

そうですか? 実は昔、丸の内OLでした(笑)

 

―確か証券会社にお勤めだったとか。

 

はい。1年半くらい勤めていましたが、働いているうちに、もっと手ごたえというか、手触りがほしかったんです。人って、食べ物を食べて生きているじゃないですか。だから、食べるものを作る方が、実体のある仕事だなと思って、それって農業だな、よし、農業やろう! と、証券会社を退職しました。

 

その後は、宮崎県の農業法人に就職して、農業の基礎を学びました。1年間の研修を経て、これからどうしよう、どこで農業をしよう、と模索していたんです。あちこちの農家さんに短期就農させてもらったり、農業体験イベントに出てみたり、転々としたのですが、なかなかうまくいかなくて…。それで、「とにかく自分でやってみよう!」 と、柏市に畑を借りて、1人で農業を始めました。

 

―1人で農業を始めたんですか! 大変だったんじゃないですか?

 

大変でしたよ(笑)。筋力・体力面はかなりきつかったですね。1人だと時間も足りないし、効率も悪い。とにかく仕事が多くて、考えている暇もなかったです。夜中まで野菜の袋詰めをしている私を見て、両親が手伝ってくれたこともありました。

 

農業って、女性が一人でやるにはやっぱり厳しいです。

 

―それでも辞めなったのは何故ですか?

 

私にとって、農業とは「生き方」なので、農業を辞めることはまず考えられませんでした。だから「家族で農業をしたい」と考えるようになったのも自然だったかなと。農家に嫁ぐのもアリかなーと思って、農業婚活イベントに参加したところ、農家の長男である主人と出会ったんです。

 

 

―なるほど! 転職と結婚が同時に叶ったんですね。とても理にかなっていますね。

 

はい! 主人と出会って結婚できたことで、「これで一生農業ができる!」 と、すごく安心しました。

 

私みたいに農業をしたい女性は、実はけっこう居るんですよ。農業専門の就職イベントで相談員もしているのですが、相談に見える方も、3~4割は女性です。

 

でも、女性が農業をやる大変さは身をもって経験していたので、安易に農業を勧められなかったんですよね。せっかく興味を持ってくれたのに、実際就農した後のロードマップを提示してあげられなくて…。ずっともどかしかったんです。それで、女性が永く農業に携わるには「農家の嫁」になるのが一番だって痛感して、農家の人とのマッチング、つまり婚活だったらお手伝いができるって思ったんです。

 

―岩立さんご自身がロールモデルなんですね。サイトに登録している女性も、ご結婚前の岩立さんのように、就農を希望している方々ですか?

 

「農業をしたい!」と強く思っている、というよりも、「農家へ嫁ぐのもアリだな~」と考えている人ですね。普段は一般の会社に勤めていて、いずれは田舎暮らしがしたい、という感じでしょうか。

 

「農家に嫁ぐ」が選択肢に入ってくる人たちなので、年齢もさまざまですが、傾向としては20代後半~30代が多いです。関東エリアの他は、札幌や福岡の女性は多いです。地方都市は、男性が仕事で地元を離れてしまうことが多いので、独身の女性は多いですから。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。