ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

emmaが聴いた瞬間、ショーで歩きたくなった曲

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

emmaが聴いた瞬間、ショーで歩きたくなった曲
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。6月26日(月)は月曜担当のemmaとのコンビでお届けしました。

月曜恒例コーナー「エマーミュージック」。emmaに“聞いているとモデル友達に自慢できるナンバー”を藤田が伝授するこのコーナー。今回紹介したのは、NYのブルックリンを拠点に活動するクールビューティーで、お茶目クレイジーな女性ソロアーティスト、セイント・ヴィンセント(St. Vincent)。

今年のSUMMER SONICのオールナイトイベント「ホステス・クラブ・オールナイター」にも出演するセイント・ヴィンセントですが、実はアニー・クラークのソロ・プロジェクト。ブルックリン在住で、ギター、ベース、ピアノ、シンセサイザーなど様々な楽器を操るマルチ・シンガー・ソングライターです。

12歳の頃からギターを弾き始め、音楽学校の最高峰、バークリー音楽院に入学。アメリカのミュージックシーンで有名な数々のバンドでサポートミュージシャンとして活動した後、ソロ・アーティストとして活動を開始。

2015年のグラミー賞では最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞。伝説のバンド、ニルヴァーナの再結成ライブでは、亡くなったカート・コバーンの代わりにボーカルを務めるなど、ミュージシャンの間でも評価が高いアーティストです。

「彼女の魅力は一癖も二癖もあるんです。アートな感じもあるんですけど、ポップなフレーズも聴かせたり…。そして誰にも真似できないオリジナリティ溢れる展開! ギターがバカテクなんですよ。でも見た目がキレイなんです」(藤田)

アーティスト写真を見たemmaは「すっごいクールビューティーですね」とビジュアルにも興味津々。しかし、パフォーマンスはかなり破天荒で、ギターを弾き始めたかと思いきや、客席にダイブすることも! サウンド、パフォーマンス共にインパクト大なアーティストです。

そんな彼女のライブ映像を見たemmaは「なかなか激しすぎて…ちょっとびっくりしました。(柱をよじ登っているのを見て)初めて見る感じだなって…」と衝撃を受けたようです。

ということで、今回はアルバム「St. Vincent」に収録曲されている「Birth In Reverse」をお送りしました。曲を聴いたemmaは「ファッション・ショーで歩きたい曲」と感じたそう。もしかしたら、セイント・ヴィンセントの曲でランウェイを歩くemmaが見られる日が来るかもしれませんね!

■今回のオンエア曲
DYGL「Come Together」
DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller「Wild Thoughts」
RIRI「RUSH」
ゆず「夏色」
ドミコ「くじらの巣」
パスピエ「あかつき」
Chara「Funk」
Deepfunkun「最後の愛してる」
Fickle Friends「Glue」
St. Vincent「Birth In Reverse」
Alfred Beach Sandal + STUTS「Horizon」
Kakkmaddafakka「All I Want To Hear (ÅÅÅ)」
橋本絵莉子波多野裕文「トークトーク」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。