体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アマゾンの経営戦略をドラッカー理論で説明すると?

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第13回の今回は、「目標設定に必要な三つのバランス」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:tany_tanimoto:20170516172757j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記名言解説の2回目となります。

【本日の名言】

「目標を設定するには三種類のバランスが必要である。目標は利益とバランスさせなければならない。現在と将来とをバランスさせなければならない。異なる目標を互いにバランスさせなければならない。そのためには目標間のトレードオフが必要となる。

…何もかもできる組織はない。金があっても人がいない。優先順位が必要である。あらゆることを少しずつ手がけることは最悪である。いかなる成果もあげられない。間違った優先順位でも、ないよりはましである」

(P・F・ドラッカー『マネジメント』)

前回は、ドラッカー氏の主張した「三種類のバランス」について解説しました。三種類のバランスとは、「目標と利益のバランス」「現在と将来のバランス」「異なる目標間のバランス」の3つです。

この名言の趣旨とは、「二律背反をどう両立させればいいのか?」ということです。今回は実例を見ていきながら、両者をどのようにバランシングさせていけばいいのかを考えてみたいと思います。

アマゾンはどう二律背反を成り立たせているのか?

二律背反とは、「重要な二つの事柄が、相互に矛盾し合って存在している」ことを言います。二律背反で成り立っているもののひとつに、「企業の利益」と「顧客の利益」があります。この二律背反関係において、従来にはなかった新しい考え方を持ち込み、成功しているのがアマゾン社です。

アマゾンを立ち上げたのは、ジェフ・ベゾス氏。ベゾス氏はもともとシステムエンジニアとして職歴をスタートさせましたが、すぐに経営者としての頭角を現します。他人の元で副社長などを経験した後に、1994年に起業。その後の快進撃は、ご存じの通りです。

アマゾンが、ドラッカー氏の言う「三種類のバランス」をどのようにバランシングさせているのかを見てみることにしましょう。まずは「利益とのバランス」についてですが、もともと同社は創業以来6年間、赤字を続けていました。その理由は、今に続くまで、同社が利益のほとんどを次の事業投資へと振り向けていることにあります。

同社の奇抜な利益戦略とは、「自社が利益を確保するための価格」を設定するのではなく、まずは「顧客を利するための価格」にし、自社は「それでも利益を出せる体制に変化する」というものです。この逆転の発想が、同社が躍進した最大の理由です。

アマゾンにとっての「三種類のバランス」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会