体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【後編・ワンダフルな夏にしたい】女の子から誘う浴衣で花火デートも最高だと思います

花火観賞

こんにちは、ライターのさえりです。

浴衣でデート、したくないですか? したいです。とにもかくにもワンダフルな夏にしたい。ウキウキな夏希望!

でも、待っているだけじゃ、ワンダフルは起こりません。

女の子たちよ、今年は自分からガンガン誘っちゃえよ~~~~!!!

ということで、みんなと共にイメトレすべく、好きな人を花火大会に誘ってデートを決めるまでの様子を「【前編・ワンダフルな夏にしたい】女の子から誘う浴衣の花火デートも最高だと思います」に書きました。まずは前編からお読みくださいね。

それじゃ、好きな人を花火大会に誘ったあとの当日編イメトレ、行ってみよー!

デート編

ステップ18

花火大会デートの約束をゲットしたら、当日はとにかく可愛く仕上げて、待ち合わせ場所に向かいましょう。まだ仲が深くない関係であればあるほど、行きは花火大会開催の駅で待ち合わせるのでOK。

ステップ19

2~3分程度遅れる電車に乗って、「おまたせしましたっ」と、登場する瞬間に満面の笑みを披露するのを忘れずに。

お誘い編

あと、大事なことを言います。

歩き始めて、最初に小さな声で嬉しそうに「デートだ、デートだ!」ってはしゃぐのを忘れずに!

ステップ20

って肉食女子のカナコからLINEで指示が飛んでくるもんだから、

ステップ21

その通りに登場して「デート、デート!」とはしゃいでみせたら「ん、そうだね、デートだね」って優しく微笑まれて、はい、もう心の打ち上げ花火打ち上がりました~。

ステップ22

ていうか、先輩、かっこよすぎるんだけど? 一緒に働いていたときもかっこいいなぁ最高だなぁじゅるじゅるって思ってはいたけれど、浴衣着るとやばすぎでしょ。わたしの全細胞が「かっこいい!」のスタンディングオベーションを送っているせいで鳥肌が止まらない。

ステップ23

深い紺の安っぽくない浴衣、低すぎない位置で丁寧に結ばれた帯、はだけすぎていない浴衣に、細い首筋、細い指、ふにっと上がった口角と、優しい目……って、え、なんか目が合って……

「浴衣姿、めっちゃかわいい」

はい、二発目、ドーンドドーン!

ステップ24

それにしても、すごい人混み……。先輩の背が高いおかげで見失わずに済むけど……、どうしよ、浴衣の袖掴んでいいかな……。と考えていると、先輩が手を伸ばしてきて「ん」って言うわけ。「あ、ありがと」って軽く掴んだら、ぎゅっと繋がれて「はぐれちゃ困るからね」って言われ。

手をつなぐ

平気なふりしてたのに、先輩が「手、ちっちゃ……」って笑いかけてくるから、三発目ドドドドーン!

ステップ25

何気ない会話で盛り上がってたら縁日の屋台が見えてきて、先輩が「なんか食おー!」って誘ってくれて。

「何か食べたい?」って疑問系にされると「あ、ううん」と思わず答えちゃうこともあるから、ほんと先輩って気がきくなぁ。

ステップ26

「何食べたい? おれタコ焼き!」

「わたしもタコ焼き!」

「いいねー、気が合うね~。ちょっとここで待ってて!」

ってタコ焼き買いに行ってくれる先輩の、浮き出たアキレス腱プライスレス。

ステップ27

ちょっと離れたところで待っていたんだけど、おじちゃんと先輩が話しているのが聞こえてきて。

「はい、いらっしゃい!」

「8個入り1つください」

「はいよ~!! ……可愛い彼女だねぇ!」

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。