ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【後編・ワンダフルな夏にしたい】女の子から誘う浴衣で花火デートも最高だと思います

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
花火観賞

こんにちは、ライターのさえりです。

浴衣でデート、したくないですか? したいです。とにもかくにもワンダフルな夏にしたい。ウキウキな夏希望!

でも、待っているだけじゃ、ワンダフルは起こりません。

女の子たちよ、今年は自分からガンガン誘っちゃえよ~~~~!!!

ということで、みんなと共にイメトレすべく、好きな人を花火大会に誘ってデートを決めるまでの様子を「【前編・ワンダフルな夏にしたい】女の子から誘う浴衣の花火デートも最高だと思います」に書きました。まずは前編からお読みくださいね。

それじゃ、好きな人を花火大会に誘ったあとの当日編イメトレ、行ってみよー!

デート編

ステップ18

花火大会デートの約束をゲットしたら、当日はとにかく可愛く仕上げて、待ち合わせ場所に向かいましょう。まだ仲が深くない関係であればあるほど、行きは花火大会開催の駅で待ち合わせるのでOK。

ステップ19

2~3分程度遅れる電車に乗って、「おまたせしましたっ」と、登場する瞬間に満面の笑みを披露するのを忘れずに。

お誘い編

あと、大事なことを言います。

歩き始めて、最初に小さな声で嬉しそうに「デートだ、デートだ!」ってはしゃぐのを忘れずに!

ステップ20

って肉食女子のカナコからLINEで指示が飛んでくるもんだから、

ステップ21

その通りに登場して「デート、デート!」とはしゃいでみせたら「ん、そうだね、デートだね」って優しく微笑まれて、はい、もう心の打ち上げ花火打ち上がりました~。

ステップ22

ていうか、先輩、かっこよすぎるんだけど? 一緒に働いていたときもかっこいいなぁ最高だなぁじゅるじゅるって思ってはいたけれど、浴衣着るとやばすぎでしょ。わたしの全細胞が「かっこいい!」のスタンディングオベーションを送っているせいで鳥肌が止まらない。

ステップ23

深い紺の安っぽくない浴衣、低すぎない位置で丁寧に結ばれた帯、はだけすぎていない浴衣に、細い首筋、細い指、ふにっと上がった口角と、優しい目……って、え、なんか目が合って……

「浴衣姿、めっちゃかわいい」

はい、二発目、ドーンドドーン!

ステップ24

それにしても、すごい人混み……。先輩の背が高いおかげで見失わずに済むけど……、どうしよ、浴衣の袖掴んでいいかな……。と考えていると、先輩が手を伸ばしてきて「ん」って言うわけ。「あ、ありがと」って軽く掴んだら、ぎゅっと繋がれて「はぐれちゃ困るからね」って言われ。

手をつなぐ

平気なふりしてたのに、先輩が「手、ちっちゃ……」って笑いかけてくるから、三発目ドドドドーン!

ステップ25

何気ない会話で盛り上がってたら縁日の屋台が見えてきて、先輩が「なんか食おー!」って誘ってくれて。

「何か食べたい?」って疑問系にされると「あ、ううん」と思わず答えちゃうこともあるから、ほんと先輩って気がきくなぁ。

ステップ26

「何食べたい? おれタコ焼き!」

「わたしもタコ焼き!」

「いいねー、気が合うね~。ちょっとここで待ってて!」

ってタコ焼き買いに行ってくれる先輩の、浮き出たアキレス腱プライスレス。

ステップ27

ちょっと離れたところで待っていたんだけど、おじちゃんと先輩が話しているのが聞こえてきて。

「はい、いらっしゃい!」

「8個入り1つください」

「はいよ~!! ……可愛い彼女だねぇ!」

直後「でしょ?」って笑いかける先輩の声が聞こえるわけ。

ステップ28

か、か、かのじょ……。

って一人で照れてたら、

「はい、200円のおつりね。ありがとね。彼女のこと、大事にしなよ~!」ってさらにおじちゃんが追い打ちかけて、先輩が「はい。大事にします」って。なんなんですか、もう一生ついていっていいですか。

ステップ29

「彼女?って聞かれちゃった」って先輩が笑ってきたから、とっさに取り繕って「あはは。なんて答えたんですか?」って聞いたら「そうですって言った。だめだったかな?」って少し申し訳なさそうに笑われて、ヒュ~~~~~ドーン! って音が鳴り、あぁ心の打ち上げ花火何発目だよ、と思っていたら本当に花火が始まってるわけ。

ステップ30

「わ~、もうはじまってる!」

「ほんとだ。いそごいそご」

「ん」ってまた当然のように手を引かれて、ふたりで花火のほうにいそいそと進んでいきながら打ち上がる花火を見ていたら先輩が

「うわー、なんか花火とか久しぶりだなぁ……」って懐かしそうな顔して。

(あ……。もしかして、いま、元カノのこと考えてる……? どんな元カノだったんだろう……)って勝手に被害妄想広げてたら、「まじで中学の頃の花火大会ぶりな気がするわ」って笑いかけてきて。

ステップ31

「えー、そんなに久しぶりなんですか?」ってくすくす笑ってたら「あのころ坊主で野球しかしてなかった俺、何年後かにこんな可愛い女の子と花火に来るとか思ってなかっただろうな~」って言ってきて。

いや、ちょっと、先輩、全体的にアクセルきかせすぎじゃないですか?

ステップ32

「ちょっと待ってて、このさきに花火見られる場所あるか見てくる」

ドーン。

ヒュ~。

ドーン。

カナコ、カナコ、先輩がいない間に応答せよ。「先輩かっこよすぎる」、送信。応答せよ応答せよ。

ステップ33

LINEがテロリン!

カナコ:「え、まじ!? やば!」

わたし:「うん……緊張するけど……」

わたし:「付き合ってくださいって、言おう、かな……」

カナコ:「うんうん、大丈夫! 自信持って」

わたし:「が、がんばる!」

わたし:「あ、でもそもそも彼女いるかどうか聞かなきゃ」

カナコ:「そうね。まずはそこからかな」

先輩「おまた、せ?」

ぎゃあああああああああああ先輩いつの間に戻ってきたのおぉおおおおおお!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

ステップ34

「ごめんごめん、遠くから声かけたんだけど聞こえないみたいだったから」。って先輩が言ってくる距離がめっちゃ近くて、指先震えそ……。って、あ。やば。LINE画面、見えた……?

「あっちのほう、見れそうだったから行こうか」。

「あ、はい……」

「それから」

「ん?」

「俺、彼女いないよ」

ぎゃあああああああああああああああ見られてたああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ステップ35

「あっ、そ、そうなんですね!!」

「ごめん笑、見えたから笑。気になってた?」

ってにこっって笑われてドキッとしたけど、ちがうちがう、見られちゃまずかったのはそのちょっと前のLINEで……告白……のとこ……見え……てた?

ステップ36

「彼女いたらこんな風に手つないだりしてないよ?」

「そっか……」

「ん。遅くなったけど、花火みよ?笑」

「ほんと笑」

よかった……告白のところは……見えてなかった、かな……。

ふたりで花火を見て「わー、見て綺麗!」とか「いまのすごかった!」とか言って、パッて顔みたら先輩もこっち見てて目が合って、えっあっえっ

ステップ37

ちょっあっ、ちょっ

花火

ステップ38

も、もうキスですか先輩。

ステップ39

そ、それは順序というものがですね、

ステップ40

この際、いいか! うぅぅおおぉ、好きです全部持って行ってくださ「まつげ、ついてる」

な~~~~~~んだまつげかぁい!

ステップ41

「ん?」

「いえ!」

「ちゅーもする?」

!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

「はは、じょーだん」

って先輩全然冗談言ってる顔に見えないです。

ステップ42

この身体への振動は、鼓動のせいか花火のせいか。

わからないまま時はすぎ、花火が終わって、最後の静けさが広がって、耳がぼんやりして、なんだかさっきまでのが全部夢だったような気がして、なんだ先輩がアクセル全開で笑ったりしてくれたのも全部夢だったのかな、って思ってたら

「あのさ」

って先輩が話しかけてきて

ステップ43

「告白は、俺からしてもいいのかな?」

いきなり核心、ふぁsぁsldfんhぁxcmんrbyghzmxs!!!

ステップ44

「え」

「付き合ってほしいです」

「あ」

「今日、誘ってくれてすげー嬉しかった」

「え」

「バイトのときから気になってて」

「あ」

「告白すればよかったってずっと思ってて」

「うそ」

「ほんと。だからメールきて、めっちゃうれしかった」

「……」

「付き合ってください。ずっと一緒にいたいです」

「あ……はい……。わたしも……好きです」

「よかったあああああああああああああ!!!!!! いや、俺、本当チキンだなって思うんだけど、彼氏いるかもと思ったらどうアプローチしていいのかわかんなくって。だからほんと、花火大会誘ってくれて、すごい嬉しくて」

「ゆ、勇気出して誘ってよかったです……」

「うん、ほんと、嬉しい。ありがと」

って二人ではにかんで、夏の星座にぶら下がってないし上から花火を見下ろしてないけど、こんなに好きなんです仕方ないんです!!! さいこうです!!!

ステップ45

って気分で最後、満員電車で先輩、いや、“彼氏”の胸板に顔寄せて、ドキドキしてる鼓動聞いてたら上から小さく「うなじ、すげーきれい」って言われて顔真っ赤になって顔あげられなくなる満員電車。何度も、そっかあたしたち付き合ってるんだ、って思ったら胸がギュンッと高鳴って、下駄の鼻緒ばっかり目に焼き付いて、酸っぱい唾液が口に広がって、あぁもぅ幸せの絶頂で死にそう。

ステップ46

最寄駅まで先輩が送ってくれて、改札前で「じゃあここで」ってやりとりして、離れがたいなぁと思いながら手を離したところで、腕をぐっと引っ張られて抱きしめられて。

花火

「え」って顔あげた瞬間にふわっとキスされ、「かわいすぎるので、家に帰ったらきちんと連絡くださいね」って先生口調で言われて、もうこのまま夜道に溶けたい。

ステップ47

カナコ、本当にありがとう。カナコがいなかったら先輩と付き合えてなかったと思うの。今度スタバ奢らせてね。いいよいいよなに頼んでもいいよ。スコーンつけてもいいから。ほんとにありがとう。

ステップ48

わたしこの先、好きな人にアタックしようかまよってる子がいたら、「もったいないよ、自分からガンガン行かないと!」ってアドバイスしようと思うの。だって、そうじゃないと実るかもしれない恋も実らなくなっちゃう。

好きなら自分からどんどん行く。もったいぶっちゃダメ。それをわたし、いろんな人に伝えたいの。だって、好きな人と行く花火大会って最高だもの。本当に、たくさんの人に勧めたい……。負けないで、頑張って、ワンダフルな夏は、もう目の前よーーー。

ステップ49

……って、友達に言いたくなるところまでわたしはイメトレできたんですけどね、

ステップ50

ここでようやく気付きました。

そういえばわたし、好きな人もいませんでした。どうもありがとうございました。

さいごに

よく考えたらステップ1からイメトレにすらなっていなかったのですが、みなさんは脳内でしっかり先輩と付き合うことができましたか?

こんなワンダフルな夏が欲しいよ~~~~~~~~~と騒いでいるそこのあなた! この夏をワンダフルにするのは最初のお誘いだけです! 思い切って!! 誘って!! くださいね!!!

わたしは今年の花火大会も諦めて、来年に向けて準備しようと思います。

それでは~~!!!

この記事を書いた人

ライティング:さえり

さえり

出版社勤務を経て、Web業界へ。人の心の動きを描きだすことと、何気ない日常にストーリーを生み出すことが得意。好きなものは、雨とやわらかい言葉とあたたかな紅茶。 Twitter:@N908Sa

イラスト:たなかあずさ

たなかあずさ

植物化計画をテーマに活動するイラストレーター、ペインター。CDジャケット、ライブペイント、壁画ペイント、植物をモチーフにしたオリジナルタトゥーシール、イラストグッズ..etcを販売。穏やかで微量な狂気を持つ少女に向けて発信する。

関連記事リンク(外部サイト)

名水の町で空中散歩!家族で行きたい「郡上八幡」旅行【岐阜】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。