体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【嫁さん評価★4】パスタを「もっちりつけ麺」に変身させる「ほんのひと手間」って?

f:id:kamekichipapa:20170621160409j:plain

おいしい「つけパスタ」の誕生です

嫁さん評価 ★★★★☆

「パスタがモッチリして、ほんと中華麺みたいな感じだわね。でもトマトソースに合うっていうことは、中華麺になりきれてないのかしら?」

娘評価 ★★★★★

「これはおいしい中華麺のナポリタン、そんな感じやわ。ベーコン分厚いねぇ、存在感ありやね」

「パスタはパスタ、中華麺は中華麺を食べればええやん!」という意見はわかります! ハイ、そうなんですが料理はやっぱり遊び心がないと面白くない!! しかも、うまいとなればやってみるしかない。それが私の料理を作るパワーの源なんですわー。

という感じで、重曹パワーと私のパワーが化学反応!? おいしいつけパスタの誕生です。市販のトマトソースにコンソメの素を入れてひと煮立ちさせるだけの楽ちんつけダレでいただきます!

かめきちパパの「重曹パワーでもっちりつけパスタ」

【材料】(2人分)

パスタ(2.2㎜) 160g ベーコン(厚切り) 4枚(80g) トマトソース(市販) 300g パセリ 2g(みじん切り) コンソメの素(顆粒) 小さじ1/2 塩、胡椒 適量 重曹 大さじ3 水 3リットル

作り方

f:id:kamekichipapa:20170621160438j:plain

1. 熱したフライパンでベーコンをしっかりと焼き色がつくまで焼く。

f:id:kamekichipapa:20170621160443j:plain

2. 水3リットルを沸騰させ、重曹と塩(大さじ2)を入れて、パスタを袋の表示通りにゆでる。

※熱湯に重曹を入れると想像以上に泡が出るので、いつもより控えめの火加減でゆでること。ほんま、泡出ますよ。

f:id:kamekichipapa:20170621160440j:plain

3. つけダレ作り。小さめのフライパンにトマトソースとコンソメの素を入れてひと煮立ちさせる。器に入れて塩、胡椒をしパセリを加える。

4. ゆであがったパスタは流水でしっかりと洗う。水分を切り器に盛って焼いたベーコンを添え、3をつけながら食べる。

これはハマる! 白ワインをぐびぐび、パスタをズルズルの無限ループ

f:id:kamekichipapa:20170621160417j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy