ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【嫁さん評価★4】パスタを「もっちりつけ麺」に変身させる「ほんのひと手間」って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:kamekichipapa:20170621160409j:plain

おいしい「つけパスタ」の誕生です

嫁さん評価 ★★★★☆

「パスタがモッチリして、ほんと中華麺みたいな感じだわね。でもトマトソースに合うっていうことは、中華麺になりきれてないのかしら?」

娘評価 ★★★★★

「これはおいしい中華麺のナポリタン、そんな感じやわ。ベーコン分厚いねぇ、存在感ありやね」

「パスタはパスタ、中華麺は中華麺を食べればええやん!」という意見はわかります! ハイ、そうなんですが料理はやっぱり遊び心がないと面白くない!! しかも、うまいとなればやってみるしかない。それが私の料理を作るパワーの源なんですわー。

という感じで、重曹パワーと私のパワーが化学反応!? おいしいつけパスタの誕生です。市販のトマトソースにコンソメの素を入れてひと煮立ちさせるだけの楽ちんつけダレでいただきます!

かめきちパパの「重曹パワーでもっちりつけパスタ」

【材料】(2人分)

パスタ(2.2㎜) 160g ベーコン(厚切り) 4枚(80g) トマトソース(市販) 300g パセリ 2g(みじん切り) コンソメの素(顆粒) 小さじ1/2 塩、胡椒 適量 重曹 大さじ3 水 3リットル

作り方

f:id:kamekichipapa:20170621160438j:plain

1. 熱したフライパンでベーコンをしっかりと焼き色がつくまで焼く。

f:id:kamekichipapa:20170621160443j:plain

2. 水3リットルを沸騰させ、重曹と塩(大さじ2)を入れて、パスタを袋の表示通りにゆでる。

※熱湯に重曹を入れると想像以上に泡が出るので、いつもより控えめの火加減でゆでること。ほんま、泡出ますよ。

f:id:kamekichipapa:20170621160440j:plain

3. つけダレ作り。小さめのフライパンにトマトソースとコンソメの素を入れてひと煮立ちさせる。器に入れて塩、胡椒をしパセリを加える。

4. ゆであがったパスタは流水でしっかりと洗う。水分を切り器に盛って焼いたベーコンを添え、3をつけながら食べる。

これはハマる! 白ワインをぐびぐび、パスタをズルズルの無限ループ

f:id:kamekichipapa:20170621160417j:plain

今回使ったのはナポリタンなんかに使う2.2㎜と太めのパスタ!! 熱湯に重曹を入れてこれをゆでると見事に中華麺風の食感に仕上がるんですわ。重曹は炭酸水素ナトリウム、これが中華麺に入っている「かん水」の代わりになるんだそうです。水で洗ってソースをたっぷり絡めて食べる! 「めちゃうまー」ですよ。

f:id:kamekichipapa:20170621170922j:plain

このつけパスタに合うのが、スッキリ飲める白ワインのロック。ぐびぐび飲みながら、つけ麵のようにパスタをズルズル食べる。ぐびぐび、ズルズル…… この繰り返しが醍醐味(だいごみ)なんですわ~。

気をつけないとあかんのは、トマトソースが飛び散っても大丈夫な服を着て食べること。カレーうどんと一緒やでー。

作った人:かめきちパパ

かめきちパパ

調理師免許と食育アドバイザーをもつ主夫。うるさいお姫様2名と「お弁当・命!」の嫁さんとの4人暮らし。ご飯のおかずからお酒の肴まで和・洋・中なんでも作ります。「楽しく作って、楽しく食べる」そんな楽ウマ料理を楽しんでいます。 ブログ:SAKE TO RYOURI レシピブログ:かめきちパパさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年6月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

【甲子園名物】高校球児の空きっ腹が生んだ「大力食堂」の超ド級カツ丼
【嫁さん評価★4】こんもりフワフワのかに玉、意外と簡単にできちゃいます【主夫のレシピ】
独自の進化を遂げたローカル麺「尼崎あんかけチャンポン」を食べ歩く【兵庫】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。