ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ハルカトミユキ、“27歳のリアルを綴った”傑作バラード「宝物」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ハルカトミユキが6月28日発売の3rdアルバム『溜息の断面図』から「宝物」のMVを公開した。
「宝物」MV (okmusic UP's)

「わらべうた」「Stand Up, Baby」「WILL (Ending Note)」と毎週公開されてきた松永つぐみによるシリーズの最終作となるこの曲は、ハルカ(Vo./Gt.)が20代後半の揺れる心を描ききった秀逸な歌詞と独特な響きのピアノが印象的な傑作バラード。実際に27歳である彼女が描いた世界は、海外のミュージシャンでいうところの“THE 27 CLUB”という数多くのミュージシャンが命を落とした年齢のことよりは、今の日本で27歳という年齢について。若さに任せて生きるには大人過ぎ、現実のみを見つめるには若すぎる。青春の終焉と現実の狭間を赤裸々に、告白するかのように想いを綴り、さまざまに入り混じる状態を「青いままの春」と表現している。

また、アルバム発売を記念して特設サイトが公開中だ。音楽ジャーナリスト 宇野維正のライナーノーツや本人たちによる楽曲解説、今作に向ける決意と意気込みが感じられる序文など、見応えのあるものとなっている。

さらに、先日公開された「終わりの始まり」は『溜息の断面図』の最大の問題作であり、この“怒り”のアルバムを象徴するナンバーで、MVもこの曲だけ上記のシリーズとは別物。「限界だ全部 殺されてしまったみんな 麻酔が効いちゃって不幸せが大好きだ」 というサビが待ちかまえるこの曲は、閉塞感のある日常の“生きづらさ”と心情をありのままに描写し、誰もが飲み込んだままにしている「限界だ」「殺されてしまった」というストレートなフレーズをきっぱりと言い切ったキレ味鋭いナンバー。一部ラジオ局では OAを躊躇われていることもあり、急きょ映像化(歌詞入りで)して公開されることとなり、ファンを中心に大反響が巻き起こっている。

そして、アルバム発売日から3日連続でtacica、peridots,、きのこ帝国とそれぞれ2マンライヴを行なう“レコ発3days”が渋谷で開催される。全会場で終了後にサイン会を行なうこともアナウンスされたこのライブは正にアルバムの新曲をいち早く生で体験できる機会となる。
「宝物」MV

https://youtu.be/kMUkdDtfPhwアルバム『溜息の断面図』
2017年6月28日発売

【初回盤】(2CD)

AICL-3354/3355/¥3,990(税込)

【通常盤】(CD)

AICL-3356/¥2,800(税込)

<収録曲>

1.わらべうた

2.Stand Up, Baby

3.Sunny, Cloudy

4.終わりの始まり

5.Fairy Trash Tale

6.WILL(Ending Note)

7.宝物

8.近眼のゾンビ

9.インスタントラブ

10.僕は街を出てゆく

11.嵐の舟

12.種を蒔く人

■Disc-2(初回盤のみ)

LIVE at 日比谷野外大音楽堂 [2016/9/24]

1.世界

2.バッドエンドの続きを

3.Hate you

4.Pain

5.奇跡を祈ることはもうしない 

6.夜明けの月

7.Are you ready?

8.見る前に踊れ

9.DRAG&HUG

10.振り出しに戻る 

11.ニュートンの林檎

12.光れ

13.LIFE 2

14.ドライアイス
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。