ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ロードスターRFに惹かれた方へ、オススメの中古車をご紹介【クローズアップ後編】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)での連載。今回はマツダ ロードスターRFをクローズアップ!

▲念願のオープンカーを持つことができれば、洗車だって楽しいもの(ただし暑い日と寒い日を除く)

▲念願のオープンカーを持つことができれば、洗車だって楽しいもの(ただし暑い日と寒い日を除く)

対抗馬はロードスター 予算を上げれば輸入車も

2台持ち生活を決意、1台実用的な車を手に入れ、あとは念願のオープンカーを選ぶだけという立場になったとしよう。ロードスターRFを本命とするならば、対抗馬はロードスターだろう。ルーフが異なるだけでなく、エンジンがRFは2L、ソフトトップは1.5Lという違いがある。ハードトップ化による約45kg増をカバーするため、RFにより力強いエンジンを搭載したわけだが、2Lの方がパワフルで楽しいかというと、必ずしもそうではない。2L化でエンジン自体も重くなり、トータルで60~80kg増ということもあってか、軽快感は同等もしくは1.5Lが上回る。とはいえ走りの差はわずかなので好みで選んで問題ない。

実用車の価格をぐっと抑えるならアウディ TTロードスターやBMW 2シリーズカブリオレという選択肢も。どちらもトルキーな2L直4ターボを搭載し、TTは四輪を、2シリーズは後輪を駆動することで、本格的なスポーツドライビングとオープンエアモータリングを両立できる。アバルトの2台は車のサイズと重量に対し、エンジンパワーが勝っているというのが共通点。じゃじゃ馬が欲しいならあり。ミニ ミニコンバーチブルはフル4シーターといって差し支えないので子供あり家族向け。DSオートモビル(シトロエン) DS3カブリオはキャンバストップのように使え、高速走行中でも開閉できるのが便利。

ロードスターRFを魅力的だと思った方へ、オススメの中古車はこちら

人気車のライバルはもちろん新車だけではない。中古車にまで視野を広げれば選択肢は無限大に広がる。とはいえ、膨大な車種の中から選ぶのは困難な作業だ。そこで、塩見さんと編集部員がオススメの中古車をセレクト。お得に手に入るこんなモデルはいかがだろうか(※中古車価格帯、モデル流通量はともに6月20日時点のカーセンサーを参照)

プジョー 308CC(初代)

▲かっこよさで選ぶならプジョー 308CCがオススメ

▲かっこよさで選ぶならプジョー 308CCがオススメ

華やかで利便性も叶う理想のオープンカー

プジョーのオープンカーを振り返ってみると、306カブリオレというピニンファリーナ・デザインの美しいモデルがあった。続く307CCはクーペ・カブリオレの名のとおり、リトラクタブル・ハードトップで登場し、華やかで、便利で、保管も安心だったが、残念なことに開けても閉めてもカッコ悪かった。だがその次の308CCはCCのいいところを備えたうえでカッコよく登場したのだ。さらに途中でプジョーの長年のネックだったATが日本製の多段式に変更となって、一気に魅力を増した。狙いは絶対そうなってからのやつ。(塩見)

【中古車価格帯】150万~300万円

【モデル流通量】約20台

ルノー ウインド(初代)

▲コンパクトな車をお探しならルノー ウインド(初代)

▲コンパクトな車をお探しならルノー ウインド(初代)

格納式ハードトップを備えたコンパクトな1台

ルノー トゥインゴ(2代目)をベースに開発された2シーターのクーペ・カブリオレ。ルーフ格納時にはトランクリッドが普段とは逆の開き方をして、そこへルーフが反転して格納され、最後にトランクリッドが元へ戻ってオープン状態の完成。約12秒で開閉できるというからロードスターRFと同程度の速さで、信号待ちの間に開閉できる。小さいリトラクタブル・ハードトップを探しているが、軽自動車のコペンはちょっと……という人にオススメ。エンジンは1.6L直4でそこそこよく走る。ただしMTのみの設定となる。(塩見)

【中古車価格帯】120万~190万円

【モデル流通量】7台

BMW Z3(初代)

▲クラシカルな雰囲気漂うBMW Z3(初代)なら低価格帯から狙える

▲クラシカルな雰囲気漂うBMW Z3(初代)なら低価格帯から狙える

“古カッコイイ”車で憧れのセカンドカーライフを

どこかクラシカルな雰囲気が漂うロードスターRF。このようなスタイルの車は、最近では目にする機会が少なくなっており、どこか懐かしい気持ちになった人も多いのでは? そんな“古カッコイイ”車を探す人におススメしたいのがBMW Z3だ。低めの車高やロングノーズ・ショートデッキのデザインは、往年のクラシックスポーツカーをイメージさせ、まさに“古カッコイイ”車の代表格だろう。総額40万円から狙えるため、セカンドカー獲得のハードルが大きく下がるのも嬉しい。ただし、最終型だとしても15年近く経過しているため、トラブルを避ける意味でしっかりと整備されてきた1台を選びたい。(編集部・神崎)

【中古車価格帯】40万~180万円

【モデル流通量】約130台

ダイハツ コペン(初代)

▲丸目が可愛らしいダイハツ コペン(初代)は女性が乗っても様になる。夫婦で乗るのもオススメ

▲丸目が可愛らしいダイハツ コペン(初代)は女性が乗っても様になる。夫婦で乗るのもオススメ

丸目ライトの可愛らしさで女性にも似合うオープンカー

オープンカーは憧れるけれど、「いかにも車好き」というイメージがあって気後れする人もいるのでは? そんな人には、丸目のライトが可愛らしいダイハツ コペン(初代)がオススメ。今なおファンが多く、ポップな雰囲気で女性にも乗ってもらいたい1台。一方で、専用チューンのエンジンとサスペンションを装備しているなど、軽自動車ながらスポ ーティな走りを満喫できる。オープンカーにしては珍しく、総額100万円以下の手頃な価格帯から狙え(なんと50万円以下も!)、流通量も800台以上と豊富。ただし、登場から10年以上経っているため、低価格帯の物件の走行距離は10万㎞以上のものも多いことからしっかりと吟味して選ぼう。(編集部・溝上)

【中古車価格帯】40万~200万円

【モデル流通量】約850台

【解説した人】塩見智

1972年、岡山県生まれ。地方紙、自動車雑誌を経てフリーランスライターへ。輸入車好きだったのに年々国産車びいきに。NA、NBと乗り継いだロードスター好き。マツダ ロードスターRF(現行型)を探す▼検索条件マツダ ロードスターRF(現行型)プジョー 308CC(初代)を探す▼検索条件プジョー 308CC(初代)ルノー ウインド(初代)を探す▼検索条件ルノー ウインド(初代)BMW Z3(初代)を探す▼検索条件BMW Z3(初代)ダイハツ コペン(初代)を探す▼検索条件ダイハツ コペン(初代) 2台持ちでロードスターRFとの素敵なカーライフを実現【クローズアップ前編】text/塩見智、編集部

photo/篠原晃一、プジョー、ルノー、BMW、ダイハツ

関連記事リンク(外部サイト)

マツダ ロードスターRF(現行型)を探す
プジョー 308CC(初代)を探す
ルノー ウインド(初代)を探す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。