体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぶつかりそう!「右によける」派vs「左によける」派…多いのどっち?【100人調査】

f:id:kensukesuzuki:20170622080725j:plain

ビジネス街や駅構内を歩いている時、対面の人とすれ違う際に、どちらによけるべきか迷うことありませんか?ギリギリまで空気を読みあい、互いにフェイントをかけあった挙句、すれ違いざまに「チッ!」……なんて舌打ちされると、ストレスがたまりますよね。

右によけるべきか、それとも左か。

スムースに「すれ違う」ためのルール・マナー・お作法がハッキリしていればいいのに。

今回はそんな想いから、世のビジネスパーソンに「すれ違いの時、どうしてる?」を尋ねてみました。

ビジネスパーソン100人に聞きました。

右or左どっちによける?

先に結論からお伝えしましょう。

100人アンケートの結果はこちらです。f:id:kensukesuzuki:20170621164611j:plain

いちばん多い回答は「左によける」37%でした。

次いで「どちらでもない」36%、「右によける」27%でした。

左によける派の意見

日本ではクルマは左側通行で統一されているし、人間同士がすれ違う時も左側によけるべきでは。 駅の構内だと「左側通行にご協力ください」って表示をよく見る気がします。 昔は、武士が左の腰に刀を差していて、刀の鞘同士が触れ合うのを避けるため左側によけるのが一般的だったと聞いたことがあります。 エスカレータに乗る時のクセで、つい自然に左側に体が動いてしまいます。

どちらでもない派の意見

状況によって変わります。 空間がありそうな方によけます。 なるべく車道の反対側によけます。 相手の出方を見るか、その次の対向者を見て決めます。 どちらにもよけず、相手が進行方向を決めるまで動きません。

右によける派の意見

道路交通法に「歩行者は右側通行」の規定があった気がします。 子どもの時に「車は左、人は右」と教わった気がする。 右効きだから、なんとなく右によけます。

いかがでしたでしょうか?

「どちらでもない派」同士がすれ違うことになった時、相手の行動を読みあう心理戦が発生するのかもしれませんね。

続いて、「すれ違う」時にどのようなストレスが発生するのかについても聞いてみましたので、ご紹介します。

ストレスを感じるのはどんな時?

「すれ違う際、ストレスを感じるのはどんな時?」という問いに対して、下記のような回答がありました。

f:id:kensukesuzuki:20170622085832j:plain

最も多いのは「何人かが横並びのまま、スペースがあかない時」71.6%でした。

昔の刑事ドラマ「Gメン75」のエンディングシーンで、出演者が横一列で歩くことから「Gメン歩き」とも言われますが、対向者には気を配って、進路をゆずっていただきたいものです。

次いで「すれ違いざま『舌打ち』が聞こえた時」53.9%

いけませんね。お互いに「ゆずりあいの心」を持ちたいものです。

3番目に「アイコンタクトがとれない時(歩きスマホ・よそ見等)」36.3%

歩きスマホしている当人は前方確認できているつもりでも、周りからは「進路が読めない人」として不安視されているもの。歩きスマホは他人への迷惑になっているという自覚を持っていただきたいところです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。