ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【開発者向け】アップルが発表した「WWDC2017」の振り返りまとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本稿は、Erminesoftのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、Ellina氏によって投稿されました。

 

米アップルは、開発者向けの年次カンファレンスWWDC(WorldWide Developers Conference)を6月5日にカリフォルニア州サンノゼで開催しました。この年次イベントは、アップルの技術的な進歩、将来のトレンドの方向性を知らせることを目的として開催されます。

今年のカンファレンスでは、アップルは近い将来、機械学習、拡張現実(AR)、ARアプリケーションのための新しいプラットフォーム「ARKit」に注力することが示されました。

 

最高経営責任者(CEO)のティム・クック氏は、オープニングで「1600万人のアプリケーション開発者がAppleのエコシステムに登録している」ことを公表しました。

同氏は演説中に、「今では、オーストラリアに住むある10歳の子がApp Storeで5つのアプリケーションをダウンロードしたり、一方で、82歳のある女性は開発したアプリケーションをApp Storeに初めて公開している。」とも述べました。

WWDC17でのすべての発表は、世界中のすべての人々の生活にアップル社の製品がいかに大きな影響力を与えているのか、アップルの技術が私たちの生活をやがて大きく変化させることを明らかにしました。

 

WWDC17での発表

このイベントは、iPhone用アプリケーションの開発に参加することを開発者に促進することを主な目的として開催されるため、新しいデバイスの発表に加え、ソフトウェア製品の発表も行われました。

それらは以下の通りです。
今秋、新しいモバイルOS「iOS 11」が登場することが発表されました。
Macの新しいオペレーティングシステム「High Sierra」は、新しいApple File Systemが実装されることで、性能とセキュリティがより高まると発表されました。
「Metal 2」は、グラフィック処理、MacのコンピュータとValve社のVR(仮想現実)ソリューションを統合するための新しいプラットフォームです。
「WatchOS 4」はSiriとの統合性が向上すると発表されました。
VRの機能を備えたiMac、iMac Pro、MacBook Proの新シリーズが紹介されました。
競合他社と比較して音質に優れた「HomePod」という家庭用スピーカーが紹介されました。
優れたスキャン機能と編集機能を備えた新しい「iPad Pro」は、ユーザーの手書き文字を認識して検索できます。

WWDC 2017での発表のいくつかは特別な注目に値します。もちろん、その1つは新しいプラットフォームである「iOS 11」です。

 

iOS 11

カンファレンスで最も期待が寄せられたのは、iOSのバージョン11へアップデートでした。今秋、iPhone 5S以降、iPad Air、iPad Pro、iPadの第5世代、iPad Mini、iPod Touchの第6世代の所有者は、iOS 11を利用できるようになります。

主な機能は以下の通りです。
iMessagesでは、Apple Payメッセージ経由で送金することが可能になりました。
Siriの声はより自然になり、人工知能を一部に応用しています。
英語から中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語への翻訳が、テストモードで利用できます。
Apple Musicの新機能として、友人のプレイリストを表示することができるようになりました。さらに、アプリケーション開発者向けに、アプリとサービスを統合するAPIとしてMusicKitが発表されました。
リニューアルされたApp Storeのデザインでは、アプリ検索フィルタとして、「Apps(アプリ)」、「Games(ゲーム)」、「Today(きょう)」という3つのカテゴリがあります。

そして最後に、カンファレンスで最も注目を集めたのは、ARの魔法のような世界を現実化することができるARKit(Augmented Reality Kit)の発表でした。

 

iOS 11のARKit

アップルはiOS 11をリリースとともに、AR市場に参入するプロジェクトをいくつか発表しました。アップルは将来的に、iOSをARアプリケーションにおける最大のプラットフォームへと成長させようと考えているようです。

アップルは特別な開発フレームワークをリリースする予定で、開発者は2017年下半期に、iOS上で拡張現実をサポートしたアプリケーションを開発できるようになります。このツールは、オブジェクト認識、モーショントラッキング、仮想オブジェクトのスケーリングをサポートします。

さらに、開発者が既存のプロジェクトを修正することができるよう、Unity、Unreal、SceneKitとXcodeなどのゲームエンジンのサポートを統合して、ARのサポートを追加します。

 

アップルの発表によると、iPhone 7は1分間に最大630枚の画像を認識し、Google Pixelの6倍も高速です。この高機能は、プロセッサ、ビデオチップ、カメラ、モーションセンサーの性能の向上よって達成されたとのことです。

WWDC 2017のカンファレンスでは、ポケモンGOといくつかの新しいゲームの例を使いながら、iPhone上でAR機能の実演も行われました。その中の1つは、LEGOをスキャンしてバーチャル世界でそれを小さなブロックに解体することもできます。

テーブル上で仮想の対戦をプレイできるものもあります。この新規プロジェクトの開発でアップル社は、Wingnut ARスタジオの設立者としても有名な映画監督のピーター・ジャクソン氏、元NASAエンジニアを召喚しました。

 

iOSの拡張現実(AR):開発者にとっての意味とは?

iOS 11用フレームワークのARKitの発表は、世界中のアプリケーション開発者にとって記念碑的な出来事です。ビジネスに与える恩恵は、モバイルゲームだけに止まりません(ところで、モバイルゲーム自体も大きな革新の見込まれる分野ですが)。この新テクノロジーを応用できる分野は数多くあります。
広告:溢れかえる広告、スパム、あるいは単に不必要なデータは、すべて情報のノイズです。人々は、広告メッセージをブロックして防御し始めています。しかし、広告でARを使用すれば、ユーザーは積極的にコミュニケーションに加わり、楽しんで活動に参加するかもしれません。
ライブプレゼンテーション:ARは、会議で聴き手の注目を集め、より多くの新規クライアントや投資家を獲得するのに効果的かもしれません。ARは会議室全体を驚きの渦に巻き込み、成功のためにプラスの効果を与えることができるでしょう。
メディアとプロモーション:インターネットの時代においては、情報飢餓に陥ることはほぼありません。その代わり、読者の注目を引くには彼らを驚かせることが必要です。マスメディアやエンターテイメントのイベントでARを使用すれば主催者は、参加者に心に残るショーを提供し、彼らに再びその感覚を体験してみたいと思わせることができるでしょう。

 
バーチャルフィッティングルーム:今日では、ネットショップは小売業のネットワークより優勢です。消費者たちがワンクリックで求める製品を見つけ、より適正な価格でオンラインから購入することを可能としています。もっともネット販売の唯一の問題は、ある種の商品に試用が必要なことでした。しかしARを応用したバーチャルフィッティング(試着)ルームによって、この問題は解決され始めています。
設計と施工:ARによって建設と設計の分野に携わるすべての人は、スマートフォンやレンズの表面から、建設に関する必要情報を受け取ることができます。図面はARテクノロジーに代替されることになるでしょう。それは、建設現場でも顧客とのコミュニケーションにおいても、建築家の助けとなるでしょう。もちろんARは現実に取って代わることはできませんが、オブジェクトを追加して、特定の場所でオブジェクトがどのように見えるかを確認できるため、デザイン分野にも革命を起こすでしょう。

ARテクノロジーの応用可能性は他にも多くあります。上記のリストはごく基本的なものですが、この技術がもたらす可能性、それがどれほど多くの分野に影響するのかについて示しました。

 

WWDC 2017のまとめ

アップル社が公開したすべてのものは、必然的に世界中のすべての人々の生活に影響を与えるでしょう。ARを最新の開発の中核にすることによって、アップルは革新的なソリューションの創造に自信を持って進み始めたように思われます。

iOS 11のARKitは、すべての開発者がこの革新に参加し、最新テクノロジーを利用した開発を行うことを可能とし、世界中のユーザーにより優れたソリューションを届けることになるでしょう。

 

TechAcademyでは、これからトレンドになると言われているAR/VRのアプリケーションが公開できるUnityオンラインブートキャンプ、また、初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。

期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。自分でもアプリを作ってみたいという人はぜひご覧ください。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。