体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。

3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさんは、子育てに奮闘しながら日常を描きます。彼女のインスピレーションの元は、幼い我が子から受ける刺激。イラストからは、母親が感じた子どもへの愛情がひしひしと伝わってくるんです。

「それ、ちょうだい」

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

自分のりんごを食べ終わってないのに、しれっとママからもらおうとしています。人が食べているものが美味しそうに見える気持ちはわかるけど…。

「いっぱい釣れたよ」

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

オリジナルの釣竿で、今日は大漁です。

「ママ、わたしリスなの!」

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

ハンカチで作った尻尾をつけて、身も心もリスに。子どもの想像力はどこまでも広がり続けます。

「ちゃんと、かわいくしてね」

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

その日の髪型もこだわります。3歳といえども、女の子なんですから。

「ふふ〜ん」

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

壁を白く塗り替えている横で、「真っ白なキャンバスは全て私のもの」って言わんばかりに描く小さなアーティスト。そんな娘の姿を見る両親のあたたかい眼差し。

「スヤスヤ…」

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

静かな夜なんて一度もない。大人しく寝てくれる日が待ち遠しいけど、それはそれでちょっと寂しいのかも?

「ねぇ、見て見て!」

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで

大人が気づかないような所も、よ〜く観察しているんです。

「ママ〜!ママ〜!!」

ママの「子育て奮闘記」を愛情いっぱいのイラストで
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy