ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

今年の夏も恐竜がアツい!古いようで新しい?恐竜トリビア&期間限定イベント5選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

熱い夏になるとやってくるのが恐竜展。なぜ女子より男子がはまるのか、は謎ですが、我が家も大小さまざま恐竜フィギュアで毎晩戦いが繰り広げられています。そして、舌っ足らずの頃から、親でもかんでしまいそうな「〇〇サウルス」をすらすら言えるようになってしまったりしますよね。

 

そんな、皆さんも一度はブームになったことがある?恐竜豆知識と、この夏の恐竜イベントをご紹介します!

 

恐竜の名前はラテン語から

・~サウルス=トカゲ(ティラノサウルス、ステゴサウルスなど)

・~トプス=角(トリケラトプス、プロトケラトプスなど)

・~ドン=歯(「プテラノドン、リオプロウレドンなど)

 

恐竜の日は4月17日

世界で初めて恐竜の卵の化石を発見した、アメリカの動物学者ロイ・チャップマン・アンドリュースがゴビ砂漠へ向けて北京を出発した日が1923年4月17日だったことから、4月17日が恐竜の日に定められています。

 

日本で初めて恐竜の化石が発見されたのは?

恐竜の卵、といえばつい最近(6月5日)、1965年に山口県下関市の白亜紀前期(1億2000年~1億年前)の地層で採取された卵状の化石が恐竜の卵だったことが明らかになったとニュースになりましたね。これまでは1978年に岩手県で発見されたモシリュウの骨化石が日本初の恐竜化石とされていたので、なんと13年もさかのぼることに!恐竜の世界もまだまだ日進月歩のようです。

 

世界三大恐竜博物館のひとつが日本に?

恐竜ファンなら一度は訪れたい世界三大恐竜博物館。そのひとつが恐竜王国ともいわれる福井県にある「福井県立恐竜博物館」。同博物館のある勝山市は、日本で最初に命名された「フクイラプトル」をはじめ、たくさんの種類の化石が算出されていることなどから、今年2月、恐竜化石としては全国初の「国の天然記念物」にも指定されています。(ちなみにあとの二つの博物館)は「ロイヤル・ティレル古生物学博物館(カナダ)」「自貢恐竜博物館(中国)」です。)

 

恐竜たちにはここで会える!この夏休みに見逃せないイベント5選

「ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-(幕張メッセ)」 

7月15日(土)~9月3日(日)

出典:http://giga2017.com/

 

日本初展示となる約38メートルの巨大竜脚類「ルヤンゴサウルス」の全身骨格など、30点を超える日本初公開の恐竜がみどころとなっています。

 

「ヨコハマ恐竜展2017~動く!ほえる!恐竜の森~(パシフィコ横浜)」 

7月15日(土)~9月3日(日)

出典:http://yokohamakyoryu.jp/

 

ティラノサウルスとトリケラトプスの全身骨格対決展示が日本で初めて実現!「恐竜研究室」「恐竜の森」「恐竜FUNランド」の3つのゾーンで展開されます。

 

特別展「恐竜の卵 恐竜誕生に秘められた謎(福井県立恐竜博物館)」

7月14日(金)~10月15日(日)

出典:https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

 

巨大肉食恐竜「トルヴォサウルス」の巣の化石や、長さ約40㎝の巨大卵から見つかったオヴィラプトロサウルス類の全身骨格「ベイビー・ルイ」など日本初公開13点の標本ほかを展示。

 

見て・ふれて・学べる体験型ショー「恐竜動物園~ティラノサウルスがやってくる!~(全国各地)」

7月~9月

出典:http://www.dinosaurzoo.jp/

 

オーストラリアから始まり世界各地で上演されているファミリー向け恐竜パペットショー。今年は初めてティラノサウルスも登場します。

 

「黒川みつひろ恐竜絵本原画展(丸善日本橋店3階ギャラリー)」

8月9日(水)~15日(火) 


サクセス12 2010-12-28 発売号
Fujisan.co.jpより

子供たちに大人気のトリケラトプス絵本シリーズの作者、黒川みつひろさんが同シリーズ刊行25周年を記念して原画展を開催されるそうです。

関連記事リンク(外部サイト)

年末年始、東京駅を利用する人におすすめの厳選スポット!
最近の盆踊りを知ってるか!?最強盆踊り3選!
意味不明のメンバーによる怪しいトークライブ「旅と妖怪002」27日開催
“前髪切りすぎた”ヘアーが大流行。三戸なつめ著書発売!
師走の空港に鳴り響く“第九”。噂のフラッシュモブに遭遇した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。