体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【前編・ワンダフルな夏にしたい】女の子から誘う浴衣で花火デートも最高だと思います

【前編・ワンダフルな夏にしたい】女の子から誘う浴衣で花火デートも最高だと思います 浴衣花火

こんにちは。花火大会デートwith浴衣姿への憧れが異常に強いライターのさえりです。

すきなひとといく花火大会っていいよね。人ごみの中で手をつないで彼の後ろ姿だけ見て歩いていくあの時間や、花火が上がるたびに明るくなる彼の横顔をじっとみつめる時間、帰りの電車の中で「満員だね」ってぎゅっと抱きつく時間もいい。すきなひとといく花火大会っていいよね。行ったことないけど。

— さえりさん (@N908Sa) 2015年6月28日

すきなひととの花火大会のために浴衣を買いにいき、かわいい系と大人っぽい系の2枚とも試着して「どっちがいい?」って女友達に写真を送ったつもりが間違えて彼に送ってしまい。彼からの「両方可愛すぎなんだけど…」に混乱して2枚とも買ったことを白状し、彼と2回花火行くっての思いついたけどどう

— さえりさん (@N908Sa) 2016年7月15日

わたしは毎年のように「今年こそは浴衣を着てデートするぞ」って誓っているのですが、26年間生きてきて一度も浴衣デートをしたことがありません。どうしてだろう。

好きな人のとなりで浴衣着て花火大会なんて、最高じゃないですか? 最高です。

でも女子の皆さん。好きな人がそう簡単にデートに誘ってくれるとは限らないですよね。こちらが可愛い浴衣を買ったタイミングを見越して彼から「花火大会行こうよ」って連絡があって、「え、うそ、行きたい。昨日浴衣買ったんだよね。着ようかな……?」と返事をすると「え、まじで? 浴衣姿見れるの? 嬉しい! おれも着る!」みたいな展開になればいいけど、待ってるだけじゃそんな奇跡は起こりませんよ。

ディズニープリンセスだって眠って待つだけのハッピーエンドをやめて、自ら幸せをつかみに行く時代です。

今年の夏は、女の子から浴衣デートに誘いましょう。

「え~無理無理~」

「だって断られたらどうするの~」

という悲鳴も聞こえてきそう。気持ちはわかる。でも、待っていても奇跡は起こりません(2回目)。何事もイメトレが大事ですよ。

今回は、わたしのイメトレに付き合ってもらおうと思います。目指せワンダフルな夏! いっきますよ~。

#お誘い編

お誘い編

ステップ1

お誘いをするまでのステップを書いていこうと思うのだけれど、ただステップを書いても面白くないので、成功例のイメトレをしますね。

まず二人の出会いから説明させて欲しい(イメトレには細かい設定も必要!)。

みんなついてきてね!

ステップ2

彼はアルバイト先の先輩だった。「だった」というのは、彼が就職に伴って3ヶ月前にバイトを辞めてしまったからだ。

二人ともなんとなくお互いに好意があるのかなと思っていたのに、先輩に恋人がいるらしいと友人が噂しているのを聞いて以来、アタックするのをやめてしまった。そのまま先輩はバイトを辞めてしまい、かろうじて交換できた連絡先で「おつかれさまでした」「ありがとう、楽しかったよー!」などという当たり障りのない連絡をして、あとはたまに「久しぶりにお店行ったけどいなかったね?」「あー! 今日お休みなんですよ…またきてくださいね!」なんてちょこちょこメールのやり取りする程度。

ステップ3

「えー、なんで先輩が辞めちゃうタイミングで告白しなかったのー?」と肉食系女子の友達(カナコ)は言うけれど、そもそも先輩はかっこよすぎる。身長179センチ、定期的に美容院でかけているゆるふわパーマが似合う細身の男子。頭もいいし優しい。こんなん絶対彼女がいるにちがいない。しかも、絶対ショートヘアでサブカル臭むんむんの。こちとらサブカル臭ゼロ、結構王道系。勝てっこない。

ステップ4

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。