ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

MUCC、アルバム「新痛絶」&「新葬ラ謳」は“業界初”の多角レンチキュラージャケット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MUCC、アルバム「新痛絶」&「新葬ラ謳」は“業界初”の多角レンチキュラージャケット

先日20周年記念の武道館2daysを終えたばかりのMUCCが、8月9日にリリースするアルバム「新痛絶」と「新葬ラ謳」のジャケットと、最新アーティスト写真を公開した。

ジャケットデザインを手がけたのは、「ブリリアント ワールド」「家路」のジャケットや、6月30日から始まる「哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー」のタイトルロゴ等を手掛けるKei Kamachiが担当。

「新痛絶」は、2001年当時の「痛絶」ブックレット内に登場する人形の造形を手がけた清水真理によるオリジナルの人形を新たに制作しジャケット撮影が行われ、現在のMUCCによる「新痛絶」と、当時の空気感をそのまま詰め込んだ「痛絶 1st」の2枚組仕様。

「新葬ラ謳」は、2002年当時の「葬ラ謳」ジャケットに描かれた伊藤潤二のイラストを清水の手によって立体化しジャケット撮影が行われ、現在のMUCCによる「新葬ラ謳」と、現在のMUCCから当時のMUCCを見つめた「葬ラ謳 〜リマスター〜」の2枚組仕様。

また、完全限定生産盤にはどちらも業界初の多角撮影によって生み出されたリアルなレンチキュラー印刷が施されている。

「レンチキュラー」は見る角度によって絵柄が変化したり、立体感が得られたりする印刷物。厚さ1mmに満たないスリーブケースの中に実際人形が存在しているかのような立体感を味わうことができる。

あわせて公開された最新アーティスト写真は、2001年、2002年当時のダークで退廃的なイメージを「今」のMUCCが息を吹き込んで、当時のアーティスト写真を新たなアーティスト写真として昇華させたこの写真は、近年のMUCCしかイメージにないファンにも興味をそそるものになっている。

なお、6月30日から始まるツアーでは会場限定盤を販売するが、この会場限定盤ではMUCC初期のデモ音源や2002年当時のライブ音源を収めたファン垂涎のレア音源が特典として付属する。

リリース情報
アルバム「新痛絶」
流通盤:2017年8月9日(水)発売
完全限定生産盤(2CD+PLUS)MSHN-031〜032 4,649円+税
※3,000枚限定販売
※多角レンチキュラージャケット+撮り下ろし写真入りブックレット
通常盤(2CD)MSHN-033〜034 3,500円+税
会場限定盤:2017年6月30日(金)発売
会場限定盤(2CD+特典CD)MSHN-027〜028 2,778円+税
※特典CD「若気の痛い LIVE音源」付き
※6月30日(金)「哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー」水戸公演より各会場限定で販売

アルバム「新葬ラ謳」
流通盤:2017年8月9日(水)発売
完全限定生産盤(2CD+PLUS)MSHN-035〜036D 4,649円+税
※3,000枚限定販売
※多角レンチキュラージャケット+撮り下ろし写真入りブックレット
通常盤(2CD)MSHN-037〜038D 3,500円+税
会場限定盤:2017年6月30日(金)発売
会場限定盤(2CD+特典CD)MSHN-029〜030D 2,778円+税
※特典CD「本当に葬りたい黒歴史 DEMO音源」付き
※6月30日(金)「哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー」水戸公演より各会場限定で販売

関連リンク

MUCC オフィシャルサイト:http://www.55-69.com/
MUCC オフィシャル Twitter@muccofficial
MUCC オフィシャル Facebook@facemucc

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。