ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ペルーにある謎の火山状のピラミッドを米研究チームが調査

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ペルーにある謎の火山状のピラミッドを米研究チームが調査

米研究チームが、ペルーにある火山状のミステリアスな人工建造物について調査を行った。その目的は解明されなかったが、日食に関連した行為のために使われていた可能性が、今回の研究で示唆されている。

最近発表された論文によれば、1960年代に高さ約15.5メートルの盛り土が研究者によって発見された。その形状と頂上部のくぼみから、この建造物は現在「エル・ボルカン」と呼ばれている。

論文で指摘されているように、「(火山を模したような形をした)エル・ボルカンの近辺には見本となるような火山がなく、ペルーあるいは他の場所で火山状の建造物は他に見つかっていない」ため、大いに注目すべき建造物となっていた。

科学情報サイト『Live Science』によると、ミズーリ大学のロバート・ベンファー名誉教授はこの遺跡に着目し、チームで詳細な調査を実施。エル・ボルカンのくぼんだ頂上で発掘作業を行った。

その結果、「下方へ続く壊れた階段室と、そのあとに作られたアドービれんがの並び」を発見。また、2メートル下で見つかった炉床は「プラスター塗りで、木炭と貝殼もあった」という。

得られた証拠と、西暦1563年頃と推定された放射性炭素年代から、チームはこの建造物が日食に関連した儀式に結びついていた可能性を示唆している。それに先立つ数十年の間に4度の日食が起こっていたのだ。

しかし、この建造物の形状や目的については、まだ多くの謎が残されている。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ペルーにある謎の火山状のピラミッドを米研究チームが調査

アリゲーターが女性の家にアポなし訪問!?【映像】

耳の聞こえない保護犬が手話を習得!【映像】

何千匹ものハチが家に侵入!【映像】

ジョージ・クルーニー、テキーラブランドを1100億円で売却!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。