ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

24時間営業の中華店で味わうラーメン、ギョーザ、オムライス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

6月26日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、町の中華料理店を特集した中で、リポーターの坂田陽子さんが「タカノ」(東京都葛飾区)を訪れた。

京成本線・堀切菖蒲園駅から1分ほど歩いたところにある同店は、40年変わらないレトロな雰囲気の店内で新鮮なレバーを甘辛く炒めた「レバニラ炒め」(650円/税込み)や、ピリッとした辛さが人気の「チャーシューの辛子あえ」(1200円/税込み)などが楽しめる24時間営業の中華料理店だ。

お店の一番人気メニューとして、「ラーメン」(350円/税込み)と「ギョーザ」(250円/税込み)を紹介。「ラーメン」は豚の骨と鶏がらで出汁をとり、特製の醤油で味付けしたスープと中太のストレート麺を使用し、具材にナルト、メンマ、絹さや、チャーシューなどをトッピングした一品。「ギョーザ」は野菜が多めの餡を皮で包み、焼き上げた一皿だ。
さっそくラーメンの麺をすすった坂田さんは「んー。コクがあって、スーッと喉を通っていって、ふわーっとまろやかなうま味と甘みが広がっていきますね。麺もモチモチとしてるんですよ。コシがありますね」と言い、続いてギョーザ一個を一口で実食すると「小ぶりで野菜のうま味がしっかりしてるので、これね、女性でもぺろっといけちゃいます。この味で600円(ラーメンとギョーザ合わせて)ていうのはね、ほんと今どきありがたい。安いです、コスパ良すぎ!」とコメント。

次に紹介されたお店のメニュー「オムライス」(700円/税込み)は、ケチャップでシンプルに味付けをした一品。玉子に包まれているご飯には鶏肉のかわりに豚バラ肉を使用し、コクを出している。スプーンで「オムライス」を頬張った坂田さんは「ちょっとデミグラスソースみたいな深みを感じるんですよ。玉ねぎの甘みが効いてるんですね、すごく豚肉のうま味も効いてますね。口の中でちょうど良いバランスなんですよ。」 と絶賛し、料理を満喫した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:中華タカノ(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:亀有・青砥のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:亀有・青砥×中華のお店一覧
24時間営業の中華店で味わうラーメン、ギョーザ、オムライス
寿司職人が握る寿司と中華料理店のラーメンのセット

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。