ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

未完のまま連載中止した『刻の大地』、連載再開プロジェクト始動

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

夜麻みゆきの未完の漫画作品『刻の大地』の連載再開プロジェクトが始動している。本作はエニックス(現・スクウェア・エニックス)発行の『月刊少年ガンガン』で1996年に連載開始され、後に『月刊Gファンタジー』に移籍し連載。ドラマCDや小説、OVAが発売されるほどの人気を博していたが、長期休載を経て2005年に連載中止が発表されていた。

【すべての画像や動画はこちら】

プロジェクトをサポートしているのは、ペイントアプリ『メディバンペイント』などクリエイター支援事業を展開する株式会社メディバン。『刻の大地』の連載再開を目指し、連載に必要な予算800万をクラウドファンディング・CAMPFIREを通じて募っている。

達成した場合には、物語が佳境にさしかかる「塔の戦い編」の完結まで連載され、話数は現在約12話が予定されている。ただし、話の展開などにより変更される可能性もあり。

目標金額800万円は、漫画制作の必要経費、作画アシスタント費用、製本費用、グッズ生産費用として主に使用される。また、描き下ろされた作品は、株式会社メディバンが展開する無料漫画アプリ『メディバン マンガ』で公開されるという。

出資額は1口3000円から20万まで。リターンは、3000円がプロジェクトで完成した話を収録した単行本、ポストカード(既存のイラスト1枚)、メールで進捗情報、作者からのお礼メール。他にも、28000円の出資ではイベントの打ち上げ参加権や、10万円の出資では作者に直接オーダーして水彩生原画描いてもらえる権利などもある。なお、原画は夜麻みゆき作品のメインキャラクターのみ。さらに20万円のコースでは「大阪府内で夜麻みゆきと街歩き権」が用意されている。

作者の夜麻みゆきは、今回のプロジェクトについて、「連載当時、私の漫画家としての生活はとても忙しく、過労がたたり3ヶ月間入院、漫画を描くことができない状態になってしまいました。体調の事を言い訳にしたくなかった当時、皆様には「描けなくなりました」とだけしかお伝えせず、申し訳ございませんでした。」と当時の事情についてファンに謝罪をし、そしてプロジェクトを立ち上げたきっかけについては「続きを待っているファンの方がいらっしゃることをTwitterで伺いました。」とこう述べている。

なお、プロジェクトの締め切りは目標金額に関わらず、2017年8月30日 23:59まで。お届け予定は2018年5月~12月と出資額により異なる設定となっている。

(宮崎美和子 / 画像提供・株式会社メディバン)

関連記事リンク(外部サイト)

「鋼の錬金術師」のリバイバル連載がスタート!カラーページも完全再現
ふるさと納税の返礼で竹宮恵子先生のエッセイや画集が手に入る!
あの『ハッピー・マニア』が帰って来る!!「FEEL YOUNG」8月号に続編読切

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。