ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

部屋づくりでカラダがやせる!?清水理恵さんの『やせる部屋』(飛鳥新社)が発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
部屋づくりでカラダがやせる!?清水理恵さんの『やせる部屋』(飛鳥新社)が発売

ダイエットなのに“部屋”?気になるタイトルから見えてくるやせるためのヒント

ダイエットアドバイザー 清水理恵さんの『やせる部屋』(飛鳥新社)が2017年7月12日に発売されます。

清水さんは現在、AUTHORs Beautyのコラムニストとしても活躍中!!
ダイエットアドバイザーとしての、これまでの数々の経験に基づかれて書かれた清水さんのコラムは、ダイエット女性の問題や気持ちを多岐に渡って理解し、悩みを解消してくれると大好評です。

そんな清水さんが書いた今回の本『やせる部屋』。
「ダイエットなのに“部屋”?」と、疑問を持たれた人はぜひ手に取ってみてください。

この本は「ダイエットに効果的な部屋をつくることで、心が変わり、からだは自ずとやせていく。」
そんな考え方に基づいて書かれた本です。

その魅力は、本の目次を見ればわかります。

ステップ1 洋服を捨てれば体脂肪は減る
ステップ2 風を通して、「めぐり」をよくする
ステップ3 水回りで自律神経を整える
ステップ4 キッチンで腸内環境を改善
ステップ5 リビングでやせるホルモンをさらに出す
最終ステップ 五感を刺激する寝室で脂肪燃焼をキープ

普通のダイエット本には決して出てこないような、“部屋”に関する言葉たちが並ぶ目次。不思議だけど、なんとなく関連性を探してその一文が頭に残ってしまう……。

ね?ちょっと気になってきませんか?

気になるその内容をチラ見せ!

“玄関には靴を置かない”

玄関のドアを開けて靴が散乱していると、外からいいエネルギーを部屋にいれることができません。

~(中略)~

一日履いた靴は、あなたと同じように疲れています。下駄箱というベッドでゆっくり寝かせてあげましょう。
自分は温かいベッドで寝て、明日の英気を養うのに、一日、頑張ってくれた靴に敬意を払わないのはかわいそうですよね。

“蛇口の向きに気をつける”

私は普段、水道の蛇口をコンロとは逆方向に向けておくようにしています。10年前から実践しているのですが、これは、水と火という真逆のエネルギーがぶつかりあわないようにするため。こうしておくことで、「他人と意見がぶつかるようなことが減りますように」「喧嘩をしなくなりますように」という風水にちなんだおまじないになるのです。

~(中略)~

“冷蔵庫を綺麗にして腸内美人に”

ダイエットの成功は、冷蔵庫にかかっているといっても過言ではありません。

~(中略)~

発酵食品を冷蔵庫に常備させましょう。そのためには、まずは冷蔵庫内を綺麗にしましょう。
冷蔵庫を掃除・整理すれば食費や電気代の節約にもなります。

などなど、今まで読んだこともないような、ちょっと面白い観点からお部屋を分析。ダイエット本としてだけでなく、読み物としてもとっても魅力的!
やせる部屋づくりのためのポイントがたっぷり詰まっていますよ!

そもそもダイエットアドバイザー 清水理恵さんってどんな人?

清水理恵さんは、21歳から13年間エステティシャンとして活躍した後、ダイエットアドバイザーとして独立しました。
ご自身もダイエット経験者で、半年で60kgから47kgへと、13kgのダイエットに成功。そしてなんと今でもダイエット後の体重をキープしているのだとか……!?

そんな経験を基に、ダイエットに悩みを抱える女性たちの気持ちに寄り添えるダイエットアドバイザーとしてご活躍中です。本の出版の他にも、清水式28日間無料ダイエットプログラムを、メルマガ、ブログで配信しています。

清水理恵さんのAUTHORページはこちらです。
https://beauty.authors.jp/author/rieshimizu

Amazonで予約すれば、刊行記念特典も!

Amazonでは既に先行予約がスタートしています。

▼Amazon
http://amzn.asia/2sN1xp3

Aamazonで『やせる部屋』を予約してくれた人には、『やせる部屋』刊行記念特典として、春夏秋冬ダイエットのタスク表をプレゼントされるとのこと!
詳しくはこちらのページを見てみてください。
https://dietofroom.amebaownd.com/pages/1031279/page_201705291649

気になる人はぜひチェックしてみてください!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。