ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

モバイルバッテリー型の監視カメラの赤外線映像

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
モバイルバッテリー型の監視カメラの赤外線映像

液晶画面を搭載したモバイルバッテリー型監視カメラは、オフィスのデスクに置いても違和感がないため社内の監視に最適。映像を見ながら最適な画角で監視カメラを設置できます。実際にモバイルバッテリーとしても使用可能。しかも、赤外線LEDを搭載しているので、真っ暗な状態でも映像が撮れます。

監視カメラを映像を見ながら設置

オフィスは企業機密があふれています。もしも夜間、怪しい侵入者に狙われたら…。匠ブランドのモバイルバッテリー型監視カメラ「BlackSeeker」は、オフィスになじみ社内を監視します。

この監視カメラは2インチのモニター付きなので、最適な映像を目で確認して設置できる点もうれしいところ。撮り逃す心配がありません。画面は設定した秒数で自動で消える設計です。

しかも、実際に8,200mAhのバッテリーを内蔵しているので、18時間の連続録画が可能。スマホの充電などもにも利用できます。デスクに置いても、これなら不自然に思われることもないでしょう。

監視カメラが赤外線映像でキャッチ

しかも、赤外線LED搭載で暗闇を照射します。赤外線LEDライトは最大2mの照射能力。目には見えないので、監視カメラで撮影中と判別されることもありません。赤外線撮影は約9時間可能です。

実際に真っ暗な状態で1m先の対象に向けて赤外線を照射すると、映像ではしっかり文字が判別できました。夜間にオフィスに侵入する不審な人物を間違いなくキャッチしてくれるはずです。

モバイルバッテリー型カメラのスペックは、動画解像度が最大1920×1080ドットで動画保存形式はAVI、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。サイズ/重さ:70W×136H×15Dmm/136g。実勢価格は28,944円となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。