体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビーチっていう気分じゃない。そんなあなたに「湖畔ホテル」10選

ビーチっていう気分じゃない。そんなあなたに「湖畔ホテル」10選

ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。

ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中で新鮮な山や川の幸を味わう、なんていかがでしょう。ビーチアンブレラを開く代わりに、湖の前の木陰でピクニック。もちろん、湖に飛び込んで淡水浴もアリ。さあ、今年はいつもよりシックな水辺のバカンスに出かけましょう。

01.
THE SUTTLE LODGE & BOATHOUSE
(アメリカ・オレゴン州 シャトル湖)

ビーチっていう気分じゃない。そんなあなたに「湖畔ホテル」10選

オレゴン州のデシューツ国立森林園の敷地内にある「ザ・シャトル・ロッジ&ボートハウス」。それだけでも期待度は大ですが、さらにここは、有名なポートランドの「エースホテル」が仕掛け人なんです。

冒険に満ちたサマーキャンプの興奮感を、変にシャイにならずに楽しめるこのロッジ。ボートハウスでカヌーを借りて遊んだあとは、おいしい食事&カクテルで楽しい一日を終えましょう。

02.
TITILAKA
(ペルー チチカカ湖)

ビーチっていう気分じゃない。そんなあなたに「湖畔ホテル」10選

チチカカ湖脇に唯一ポツンと佇む「チチラカ」は、間違いなく美しく、環境を乱さないよう考えられた宿。デザイナーズホテルとして可能な限り、この湖と国にまつわるインカ帝国の伝統を取り入れています。

専属ガイドさんや豪華な食事を通して体験するこの地の魅力はもちろん、スイートルームの巨大な窓際で、湖の向こうへと沈む太陽を眺めながらキャンドルを灯し、ゆっくりと流れる時間を楽しむのも醍醐味のひとつ。

03.
IL SERENO
(イタリア コモ湖)

ビーチっていう気分じゃない。そんなあなたに「湖畔ホテル」10選

イル・セレーノ」のストイックなまでに近代的な美的感覚は、コモ湖とその周りのネオクラシカルな華麗さとは、なんとも対照的な存在です。でもそれが、逆に特長となっているのも事実。この辺りで定番化している建築ディテールとおさらばすることで、敷地内どこにいても感動的な湖の景色が拝めるようになっているんです。

もちろん、18世紀創業の老舗ボート職人カンティエーレ・エルネスト・リーヴァ(Cantiere Ernesto Riva)によるゴージャスな特注木製ボートも用意されているから、エレガントに湖をクルーズして、ちょっと古風な様子を見て回ってもいいかもしれません。

04.
GIARDINO LAGO
(スイス マッジョーレ湖)

ビーチっていう気分じゃない。そんなあなたに「湖畔ホテル」10選

スイスのこの辺りは、湖に恵まれたエリア。アルプス山脈とドラマチックに広がる渓谷は、特に何もしなくても、そこにあるホテルや宿を魅力的なものにしてくれます。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy