体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「“なのっくす。”の名前のおかげで全力を出し切れる」宮崎湧さんインタビュー

「“なのっくす。”の名前のおかげで全力を出し切れる」宮崎湧さんインタビュー アイキャッチ_なのっくす。インタビュー フロムエーしよ!! 「“なのっくす。”の名前のおかげで全力を出し切れる」 宮崎湧さんインタビュー

「なのっくす。」の愛称で人気を集め、“読モ”発の音楽グループ・ZOLAのリーダーを務める宮崎湧さん。ブログをきっかけにデビューし、現在はモデルから俳優と活動の幅を広げています。デビュー当時に名づけた「なのっくす。」は、自身の身長が低いことを逆手に取ってつけたあだ名だそう。だからこそ、モチベーションにつながっているというワケを伺いました。

 

表現することが好きで始めたブログがきっかけに

フロムエーしよ!! 「“なのっくす。”の名前のおかげで全力を出し切れる」 宮崎湧さんインタビュー

――デビューのきっかけを教えてください。

昔から自分で何かを発信して表現していくのが好きだったんです。趣味でブログを始め、1日に何度も更新したりしていました。それがだんだん多くの人に見てもらえるようになって、高校3年生のときにブログ特集として雑誌の紙面に取り上げられたのが読者モデルを始めるきっかけになりました。読者モデルの仕事から現在のZOLAの活動までいろいろやらせてもらえるようになって、あっという間という感じですね。

――表現することが好きだったとのことですが、もともとモデルやアーティストといった仕事に興味があったのですか。

いえ、具体的に将来の夢をイメージしていたわけではなかったです。絵を描くことが好きなので、小学生のころの夢は漫画家でしたね。「自分の絵やデザインしたものを世の中にひとつでも残せたらいいな」なんて思っていて。すごく漠然としていたんですけど、今こうやって仕事をさせてもらっているなかで、ZOLAのグッズデザインなどもできたので。なんとなく描いていたものがつながっている感覚はありますね。

 

マイナスな部分をあだ名にすることで個性に

フロムエーしよ!! 「“なのっくす。”の名前のおかげで全力を出し切れる」 宮崎湧さんインタビュー

――「なのっくす。」という愛称は、デビューの際に付けられたのでしょうか。

そうですね。モデルという仕事をするにあたって自分で考えました。モデルさんというと、長身でスラッとしているイメージがあると思うのですが、僕は小柄なのでそこを逆手に取りたかったというか。「身長が低いのを前面に押し出しちゃおう」と思って、小さいという意味の「ナノ」を名前にしようと思ったんです。身長はコンプレックスとまではいかないのですが、自分のマイナスな部分をあだ名にすることで個性に変えられるんじゃないかと。

それで、友達に「ナノって名前にしようと思うんだけど、どう?」と聞いたら、ナノだけではかっこ悪いからといって「なのっくす」はどうかという話になったんです。最後に「x(エックス)」を付けると無限の可能性を秘めているみたいな意味を含むらしいんですね。「低身長だけど無限の可能性が出て響きもいいな」と思って、そのまま「なのっくす」と名乗るようになりました。今ではあだ名というより、すっかり芸名に近いものになってしまったんですけどね。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。