体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イタリア南部を周遊して見つけた、女子必見のフォトジェニックスポット

イタリアの観光地といえば、ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィアが有名ですが、今回私は長期間の旅ということで、今まで行ったことのなかった南イタリアをゆっくり回ってみることにました。

私はそこで思いがけないたくさんのフォトジェニックスポットを見つけ、南イタリアが大好きになりました。

今回はそんな南イタリアのフォトジェニックスポットをみなさんにご紹介します。

憧れの地、アマルフィ

photo by ほさかまき

アマルフィは一昔前に映画の舞台となり、南イタリアのリゾート地として一躍知名度が上がりましたよね。私もいつか行ってみたい場所と思っていました。

青い海と、海のすぐそばから断崖のような場所に建ち並ぶ白い家々。まさに、美しい町です。何時間でも見ていたい、何度でも写真に撮りたい、飽きることのない美しさとはこのことかと思いました。

photo by ほさかまき

観光地なだけあって、おしゃれなカフェ・レストランやかわいい雑貨屋さんがたくさんあります。


photo by ほさかまき

郵便局までかわいいなんて、女心をくすぐりますよね。


photo by ほさかまき

夕暮れ時の空もまた、ため息の出るような美しい色合いでした。薄い青から薄いピンクへの淡いグラデーション。日本では見たことのない空でした。あまりの美しさに、節約も忘れて海沿いのレストランに入ってしまったほどです。

山腹にある小さな町ラヴェッロ


photo by ほさかまき

ラヴェッロは、アマルフィからバスで30分ほど山を登ったところにある小さな町です。標高約350mに位置しているため、眼下にアマルフィ海岸の海と町を見渡すことができます。


photo by ほさかまき

人口が少なく、また緑に囲まれているため、のんびりとした雰囲気です。ここもまた、手作りのサンダル屋さんや陶器屋さんなど、おしゃれなディスプレイのお店がたくさんありました。

アマルフィほど観光客が多くないため、写真を撮りやすい点もおすすめです。

カプリ島で見た夢のような光景


photo by ほさかまき

カプリ島といえば、青の洞窟が有名ですよね。もちろん私も行ってきました。この写真は加工なしです。

海で小舟に乗り、狭い入口を舟に寝そべって通り抜けて洞窟の中に入ります。体を起こすと、周囲がこの状態です。暗闇の中に水の青だけが輝き、この美しい青い光に包まれています。とても神秘的な空間でした。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy