体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「フェミニズム」って何? トランプが生まれたNYで考えた

ひと昔前「フェミニスト」や「フェミニズム」という言葉に、あんまりかっこいいイメージをもっていませんでした。

男性に負けじとムキになって権利をかざして叫んでいる、正直同性から見ても魅力的にみえない人たちがやっている活動…そんな風にとらえていたのは、私だけではないのかも。

でも、いま、ビヨンセが自らを「現代のフェミニスト」と呼び、性差別の撲滅についてSNSでキャンペーンをしたり、エマ・ワトソンが男女平等社会を訴えた国連でのスピーチが大きく取り上げられたり──。

支持を集めるセレブたちの発言によって、「フェミニスト」や「フェミニズム」の印象が変わってきたような気がします。

大統領選で目覚めた性差別への認識

20170626_feminist05.jpg

ここ最近で「フェミニズム」についていちばん考えさせられたのは、アメリカ大統領選でした。

ドナルド・トランプによる性差別的な発言の連発に「はっ」としたのです。

そして、キャンペーンと同時に注目されたマドンナレディー・ガガレナ・ダナムなどによる固定概念にとらわれない活動。彼女たちの活動を目にしてから「べつに男勝りでなくても、ガーリーなファッションが好きでも、フェミニストになれるのかも…」と思いはじめました。

20170626_feminism04.jpg

いま私はニューヨークに住んでいますが、奇しくもここはトランプの出身地。

街を歩けば嫌でも彼の名がついたビルに出くわします。それにもかかわらず、男女だけでなくいろいろなジェンダーが存在し、人種も多種多様であるのがこの街。

実際、私が働いているニューヨークの音楽界にはゲイの男性がとても多くいます。だから、ゲイの人の存在を「この人もそうなんだ」と、身近なこととしてとらえられるようになったのです。

また、アジア人である私自身もマイノリティであることを痛感する毎日で、さらに平等性について考えることが多くなりました。

ニューヨークで考える「自分らしさ」

20170626_feminist01.jpg

そんなニューヨークに、フェミニズムやLGBTQについて知識を深められるふたつの施設がオープンしました。

ひとつめは、2017年4月にオープンした、アッパーウェストサイドのNew-York Historical Society Museum & Library内の 「Center for the study of women’s History」。

ここではたくさん並んだタッチパネルから、過去から現在までフェミニズムについて積極的に活動してきた功労者たちの足跡を自由に探ることができます。

20170626feminism02.jpg

アリシア・キーズヒラリー・クリントンといった現代のフェミニズムを牽引するメンバーも。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。