体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイスランドの治安は?物価は?アイスランド旅行の基本情報まとめ

アイスランドの治安は?物価は?アイスランド旅行の基本情報まとめ

今回はヨーロッパ極北の国、アイスランドの旅行情報をお伝えします。そもそも、アイスランドには何があるのでしょうか。アイスランドにはどのようにアクセスすればいいのでしょうか。そのような素朴な疑問から見ていきたいと思います。

*編集部追記
2016年10月の記事に新たに3つの情報を追記しました。
2016年10月の記事に新たに情報を追記しました。 (2017/09/16)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

アイスランドに行ってみての感想

photo by pixta

私がアイスランドを訪れたのは夏頃で、暑すぎず寒すぎず、とても過ごしやすい気候でした。アイスランドは北極圏に近いため、夏は夜の間もずっと日が沈まない白夜が続きます。初めての体験だったので、深夜になっても外が明るいことに驚きを隠せませんでした。

アイスランドは人も優しく、自然が美しいとても魅力的な国ですが、物価が非常に高いのが難点!ちょっと油断すると、レストランで食事をして5,000円が飛んで行った…なんてこともしばしばです。外食は非常に高く付くので、民泊などを利用して自炊を心がけるようにすると、まだ安く抑えられるはずです。

アイスランドは見所満載の国なので、ツアーやレンタカーなども利用して、節約しながら賢く旅行しましょう。

 

旅行のルート

photo by pixta

まずは首都レイキャビックにあるハットルグリムス教会へ行き、塔の上に登って、カラフルなレイキャビクの写真を撮影し市内散策しました。

次の日は、世界でも屈指の大きさを誇る温泉・ブルーラグーンを訪れました。インターネットで予約していたので、待つことなくスムーズに入れました。予約していないと入れないことが多いので、注意が必要です。

 

そしてその翌日、火山の国として知られるアイスランドを印象付ける象徴的な観光ポイント・間欠泉ストロックルを訪れました 。間欠泉はアイスランド国内の所々にありますが、このストロックルは地上30mまで熱水を4~5分おきに噴き上げます。その頻度の高さと迫力は圧巻で、観光客も多かったです。

 

おすすめの都市

photo by pixta

地球最北・アイスランドの首都レイキャビク。アイスランドの人口の多くが集中し、他のヨーロッパ諸国とはまた違った雰囲気の町です。都市と自然が共存するような環境になっており、そそり立つハットルグリムス教会などの文化遺産もあれば、ノイトホゥルスヴィークビーチをはじめとする公共プールの温泉も魅力の1つです。
アイスランドの観光記事はこちらです
「氷の洞窟」はオーロラ以上の絶景⁉︎アイスランドの見所まとめ
世界最大の露天風呂!アイスランドのブルーラグーンに日本人なら行ってみなきゃ
アイスランドおすすめ観光スポット12選

 

 

物価

「アイスランド」と聞くと「物価が高い」とイメージされる方も多いでしょう。アイスランドの特徴は安いお店が無いことです。そのため、アイスランドに訪れる際は、きちんと予算を組んだ方がいいでしょう。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。