ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニコラス・エドワーズ、毎年恒例のサマーコンサートで圧巻のパフォーマンスを披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ニコラス・エドワーズが6月25日(日)に東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールにて、毎年恒例となっているサマーコンサート『MOTION 2017 Summer Concert』を開催した。
6月25日(日)@東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール (okmusic UP's)

4月から5月にかけては、全国6カ所9公演に及んだキャリア初のアコースティックライブツアー『ALIVE sessions:Acoustic Tour Spring29』を行なったニコラスは、『心待ちにしてたなんてもんじゃない。春のツアーから1ヶ月ちょい空きまして、寂しいなってずっと思ってました。たくさんの皆さんに会えて本当に嬉しく思っているので、その気持ちを音楽で伝えていきたいと思います』とあいさつ。満員の会場から大歓声が沸き起こる中、レゲエのビートを導入した「Freeze」やバンジョーが加わってカントリー風味が増した「モナリザ」、軽快なブギーファンク「W/W/W」などを新しいアレンジで披露。『いろんな好みがあるみなさんがきっと楽しんでいただけると思う』という言葉通り、あらゆる観衆を満足させる、多種多様なジャンルをミックスした、素晴らしいステージングをみせてくれた。

ライブの中盤では、先のアコースティックツアーを振り返り、『自分の中で新たな気づきが見えたので、今日はその雰囲気をちょっと味わってもらえたらと思います』と語り、アコースティックツアーで歌ってきた6曲をパフォーマンス。ウクレレを基調に「Over the Rainbow」(虹の彼方に/ジュディ・ガーランド)と「What a Wonderful World」(この素晴らしき世界/ルイ・アームストロングをメドレーでつなぎ、ディスコナンバー「VENUS」(ショッキング・ブルー)は、ニコラスがアメリカ公演の最後に歌った「Superstition」(迷信/ステーヴィー・ワンダー)とミックス。再び、エレキギターのカッティングで「VENUS」に戻りながらも、「Superstition」の印象的なホーンアレンジをかぶせた構成となっており、生演奏でDJミックスを聴いているような新鮮さな驚きがあった。さらにベートーヴェン「運命」をイントロに挿入したB’zの「Love Phantom」から、アカペラも飛び出したWANDSの「世界が終わるまでは」や玉置浩二の「メロディー」に加え、KREVAの「瞬間Speechless」もカバー。ついつい当たり前のように聞いてしまうが、アメリカ・オレゴン州で生まれ育ったニコラスが、日本語で、しかも速いパッセージのラップを流暢にフロウできるようになるまでには、人知れず努力をしていたのだろう。改めて、頭がさがる思いがする。

ここでニックは、ロンドンで起きた爆破テロ事件のための慈善コンサート『ワン・ラブ・マンチェスター』でアリアナ・グランデが「虹の彼方に」を歌ったことに触れ、『世界では僕にも理解できないことが起きている中で、この歌を歌うたびに、より一層強く、音楽の力を世の中に発信して、自分が生まれた時より少しでも、この世に愛が増していればいいなと思うので、どんどん音楽でみんなとつながって、共に明るい未来を築いていけたら思います』と話すと、会場からは大きな拍手が上がった。

続けて『来日してから7年。いろんな歌を唄ってきました。もっともっと世界に愛を、音楽を伝えていきたい』と意気込みを語り、アコースティックツアーの追加公演として、初の台湾公演が9月に決定したことを発表。不意打ちのニュースに場内からは割れんばかりの歓声が起こる中、『これからもみんなで1つになって、音楽で夢を力に変えていきたい』という思いをこめた「夢を力に」で文字通り、会場が一体となって右手を高々と掲げ、投げキッスを客席に贈り、ステージをあとにした。

アンコールでは、バンドが演奏するビートルズ「イン・マイ・ライフ」をバックに、『僕は今月、6月の13日で来日して7年が経ちました。人生の中で最も不安と葛藤があった7年だったんですけど、みんながいてくれて、一緒に人生の波に立ち向かってくれたおかげで、最高に幸せな7年間でした。これからも心からの音楽を届けていくので、ぜひ一緒によろしくお願いします』と、8年目に向けて、誓いを新たにしたニコラスの初のオリジナル曲「My First Love Song」を観客全員で大合唱したあと、秦基博の「朝が来る前に」のカバーを披露。この曲は、2010年6月13日、高校の卒業式の翌日に、日本で歌手になる決意を持って旅立った機内で聴き、涙を流したという思い出の曲。《もう後戻りはしないよ/振り向かないで僕はいくよ/現在のその先へと旅立とう》というフレーズに胸を打たれてからの7年の歩みを振り返った後、「She’s The Stranger」の作曲を手掛けたベーシストのIKUOがスペシャルゲストとし登場し、激しく重いロックナンバーを連発。最後は『僕の活動のバックボーンを物語った曲』だというEDM「Moonlight Carnival」で、派手に締めくくられた。

ニコラスは、自身の「Let’s Be Together」が、オープニング・テーマ曲となっている、近田ボビー(ボビー・オロゴン)監督作品第二作、映画『JAPAN LOVE』に警官役で出演。本作品は9月16日、新潟県長岡市で開催される『長岡映画祭』に出展が決定している。さらに今年の9月に初の台湾でのファンクラブツアー『ALIVE Sessions: A Night in Taipei Fanclub Tour』の開催が決定しており、今後の活躍からも目が離せない。
『ALIVE Sessions: A Night in Taipei Fanclub Tour』

■日程

出発日:9月22日(金)

帰国日:9月25日(月)

■渡航先

台湾(台北市)

■参加資格

申込及び開催の時点でファンクラブ会員であること

http://www.nicholas-edwards.jp
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。