ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

塗るだけで「究極のクリーンエネルギー」が生まれるペンキ。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
塗るだけで「究極のクリーンエネルギー」が生まれるペンキ。

普通に塗るだけで、水素燃料を作ってくれるペンキがメルボルンで生まれました。燃焼しても二酸化炭素がまったく出ない「究極のクリーンエネルギー」が、あなたの家の外壁全面から生み出せる未来も近いようです。

個人的には、ドラえもんの「重力ペンキ」を彷彿とさせられるような、まさに近未来の道具。実用化はまではもう少しかかるようですが、その驚くべき仕組みをちょっぴり予習しておきましょう。

空気中の水分を分解し
どこでも水素燃料を作る

塗るだけで「究極のクリーンエネルギー」が生まれるペンキ。

RMIT大学の研究者が開発したこの「ソーラーペイント」の仕組みは、空気中にある水分を吸収し、それを水素と酸素に分解することで水素燃料を得るというもの。名前は「ソーラーパネル」と似ているけれど、パネルの電池は太陽光から直接電力を生み出すので、両者の仕組みは異なっています。

つまりこのペンキは、空気中に水分がある限り、どんなに資源の貧しい国でも海なしの地域でも、エネルギーが作れます。塗るだけで「究極のクリーンエネルギー」が生まれるペンキ。

水分を吸収する点では、お菓子の乾燥剤などによく用いられる「シリカゲル」と似ているところもあるのだそう。

原料となる水分を浄化する必要もなく、本当に放っておくだけで水素燃料を作ることができるというのだから、にわかには信じがたいくらいお手軽です。

シンプルで効果的
数年のうちに実用化予定

塗るだけで「究極のクリーンエネルギー」が生まれるペンキ。

でも実は、お手軽なのは使い方だけじゃないんです。最新技術でありながら、作り方もとってもシンプルなんだとか。

というのも、この水素燃料を作る作用は、通常の白いペンキなどに含まれている酸化チタンと、この度新たに作られた新物質のコラボによって成り立っているそうなのです。つまり、普通のペンキに新物質を加えるだけで、この魔法のようなアイテムができてしまうというわけ。塗るだけで「究極のクリーンエネルギー」が生まれるペンキ。

今までの技術よりも安く、手間もなく、さらに世の中のすべての外壁をエネルギーの生産場所にできてしまうということもあり、大きな利益を生むのではないかと注目を集めています。

このペンキが様々な地域で使われ始めたら、もう燃料不足や地球温暖化に困らなくて済む時代になるのかもしれません。Licensed material used with permission by RMIT UNIVERSITY

関連記事リンク(外部サイト)

99%以上の科学者が「気候変動の原因は人間である」と認識
約20年ぶりに姿を現した「奇跡のウサギ」。地球温暖化に苦しんでいた・・・
科学者らが「北極の氷」を再凍結するためのプランを発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。