ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

北海道の美味しいものと言ったら何を浮かべるでしょう?海鮮丼に石狩鍋、鮭ちゃんちゃん焼にジンギスカン、ラーメン…それから乳製品も有名ですね。地元で収穫された食材をそのまま活かした魅力的な食べ物が並びます。北海道旅行の目的がグルメという方も多いのではないでしょうか?そこへ、近年注目を集めているのが北海道産の小麦です。研究を続ける生産者、良さを引き出す職人、そして消費者が一つになることで小麦の質は年々向上し、パンや麺類に北海道産小麦が大活躍しています。

取材日 2017年6月   レポーター 尾見典子

十勝産小麦100% 北海道十勝のベーカリー

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

1950年創業、十勝で60余年もの間愛され続けている満寿屋商店は、2016年秋、東京・目黒通り沿いにアンテナショップとも言えるファーマーズベーカリーをオープンしました。それは、地域の農業とともに歩んできた満寿屋商店が、十勝産小麦生産者の努力、農業の素晴らしさを伝えるため。そのポリシーは、十勝産カラマツ材仕様のスタイリッシュな店舗にも現れています。一見、パン屋さんとは判りにくい和風な造りですが、多くの車が通りを行き交う外界から一歩中へ足を踏み入れればそこは十勝。十勝をテーマにしたパンが迎えてくれます。

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

随所にあしらわれる自然味豊かなクラフトは、北海道在住の作家による木工工芸品を社長自らが買い付けたものだそうです。売り場には、数名の十勝在住音楽家による楽曲のBGMが流れ、お店を印象付けています。小麦畑の様子を大きく映し出すカレンダー、パン平台に北海道十勝の浦幌町産タモ材を使用するなど、フロアは無意識に十勝を感じるよう演出されています。

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

パンは全て「十勝産小麦100%」で、使用する原材料も「十勝産」にこだわっています。冷蔵ケースの調理パンコーナーでは話題の「白スパサンド」がありました。懐かしいけれどもどこか目新しさをも感じさせるラインナップ。どのパンもツヤツヤで、見ているだけでもワクワクします。セルフ式。トングトレーを持ちながらのパン選びは楽しく食べる前の至福のひとときです。

人気No.1 とろ〜りチーズパン

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

モールウォッシュラクレットを使用。モールウォッシュとは、十勝川温泉「モール温泉」のお湯で磨いたチーズで、熟成期間が一般のものより早いそうです。とろ〜りチーズパンは、カンパーニュに5種類のチーズをたっぷり合わせたモチモチで濃厚、大人気の商品です。ネーミングにもあるように、トッピングのチーズがとろ〜りと伸びるんです。中央の平台にモリモリ積まれた人気のとろ〜りチーズパンは、次々に焼きたてが出てきます。さらにレジ脇にもとろ〜りチーズパンが置かれ、途中迷ったとしても最後は思わずトレーにのせてしまうでしょう。

あんドーナツ、あんぱん

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

早くも近隣に人気なのが十勝産の小豆を使用したあんドーナツやあんぱんです。「十勝小豆」は全国でもトップブランドとして知られていますが、満寿屋商店では、それを地元の甜菜糖でじっくり炊きあげた餡を包みパンにしています。つやつやでコロンとした可愛らしいフォルムは別腹にちょうど良い大きさで、特につぶあんぱんは、豆の食感を楽しめるので大変おすすめです。どの豆にも興味が湧き、食べ比べをしてみたくなります。そういう方のために用意されているのが「十勝あんぱんセット」です。現在、セットとして店頭には並んでいませんが、申し出れば箱の用意もあるそうです。どれも気になる方は是非こちらをお試しください。満寿屋商店では、あんぱんに使用する小豆のほか、大納言、白インゲンなど豆の形や色を生かしたアイテムが豊富です。店内に並ぶパンを見ているだけで、帯広地方が豆類の盛んな生産地域だということがわかります。

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

とかち帯広名物!白スパサンド

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

10枚切りの厚さにスライスした食パン「麦皇(むぎおう)」に道産ゆめちから使用のパスタとミックスベジタブルを挟んだ満寿屋産のロングランサンドです。パスタは、帯広の店舗より細めのものを使用し、短くカットして特製辛子マヨネーズで和えています。スパゲティサラダは、会長のお母様が考案されたレシピだとか。道産のミックスベジタブルを探し出すのはとても苦労したそうです。最初、お子様向け?と思っていたのですが、実はなかなかパンチの効いた大人向け!スパイシーな味付けがビールのお供にもぴったりです。そしてなんと、このサンド、トーストしても美味しいのだそう。是非お試しくださいね。

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

販売スタッフのおすすめ クリームパン

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

販売リーダーの石久保さんが力を込めてオススメするのがクリームパンです。ふうわりと優しいブリオッシュに包まれた豊潤なカスタードクリームは本当に濃厚でとろける美味しさ。材料には北海道の自然の恵みをそのまま美味しくパッケージした「あすなろファーミング」(十勝・清水町)の牛乳を使用しています。生地よりもクリームの方が多いのも魅力です。カスタード好きならきっと満足のいく逸品です。卵や牛乳のリッチなコクを心ゆくまでご堪能ください!

パンスタライターのイチオシはヴィエノワズリ

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

クロワッサンは、表面がパリッと軽く、反対に中身はとてもしっとり。十勝産小麦の二つの食感の対比を心地よく作り出しています。とかちの赤ワインチェリーパンは、クロワッサン生地に十勝ワイン「とかちの(赤)」に漬け込んだ2種類のチェリーを乗せて焼き上げたものですが、酸味と甘みの相乗効果が絶妙なバランスで、赤ワインに漬け込まれたチェリーはとてもジューシー、上品な味わいです。油脂はよつば乳業のフレッシュバターを使用しています。

生産者指定パン

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

満寿屋商店では、「生産者指定パン」(生産者の顔が見えるパン)として前田農産で収穫された小麦を100%使用したパンを販売しています。東京にいながらにして、目前に前田農産の小麦畑が広がるというわけです。例えばチャバタ。シンプルなチャバタにすることで、それぞれの小麦の特徴を感じやすくしています。オープン当初は「キタノカオリ」(秋蒔き小麦)と「はるきらり」(春蒔き小麦)でしたが今の季節は「春よ恋」。これからも「キタノカオリ」を通年に据えもう一種をシーズンごとに変えていく予定だそう。どちらのパンも、トングで掴むと見かけよりふわふわで柔らかな感触です。キタノカオリの方が黄色くモチっとしており歯切れの良さを感じます。お店を訪れた際は、是非チャバタを食べ比べて粉の違いを楽しんでみてください。生産者指定パンは、チャバタの他
「ゆめちから食パン」など現在3種類です。

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

また、十勝では、地域の人々に農業の大切さを伝えるばかりでなく、未来を担う子供たちに食育として「十勝産100%ピザづくり教室」を定期的に実施、子供たちと一緒にピザを作りながら十勝の農業が自分たちの暮らしに密接に関わっていることを伝授しているそうです。

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

オープンに伴い、石久保さんをはじめ帯広から数名のスタッフが東京本店に異動し店を切り盛りしています。「東京には高級なパン屋さんが多くあり競争が激しい」と最初は身構えていたそうです。しかし、この八雲の地は意外にも帯広と客層が似ていた、年配の方やお子様連れが多く皆優しい。それがわかり、今では製販共に力を合わせ仕事に従事している様子です。「とかチーズバゲット」(十勝パンを作る会との共同開発)「はるかコロッケバーガー」「ベビーパン」大きいサイズが特徴の農家さん定番おやつ「ねじりドーナツ」「ゆめちから食パン」キタノカオリ玄麦入りの「丸麦ブレッド」…まだまだお伝えしたい美味しいパンがたくさんあって、と石久保さん。

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

6月よりレジ脇にウォーターサーバー“大雪な水”が設置されました。十勝音更町で採取された大雪山の天然水で、パンの仕込み水にも利用しているものだそうです。夏に向けての嬉しいサービスです。北海道では冬の寒さが厳しく外出を控えるためパンの売上が落ち、夏は観光シーズンで売上が伸びるそうです。本州とは真逆なんですね。まもなく迎える東京の夏、売れ筋も異なるに違いありません。夏季商品の品揃えなどは日々お客様とコミュニケーションを取りながらアイディアをパンにしていかれるのでしょう。楽しみです。
11月末のオープン以来、連日多くのお客様で賑わっています。平日は近隣の方を中心に、週末はそれに遠くから見えるお客様も加わります。北海道出身者も目立ち「東京に満寿屋さんができて嬉しい」と喜ばれることもしばしばだそうです。更なる目標を胸に、古(いにしえ)と今とが混在する八雲の街並みに溶け込みつつある満寿屋商店。十勝の為に出来る事を、十勝の価値を伝えるために。これからもたくさんの「十勝の美味しい」を届けてくださることでしょう。

十勝とつながるパン 満寿屋商店東京本店(東京都目黒区)

<ショップ情報>
店舗名 : 満寿屋商店東京本店
URL : http://pansta.jp/shop/15560/
所在地 : 東京都 目黒区 八雲1-12-8
定休日 : 水曜日、年末年始
営業時間 : 《平日》 10:00〜19:00
《土日祝》9:00〜19:00

■この記事を執筆したパンライター
パンライターのりこ
http://pansta.jp/user/iim1538/
パンは心の糧。美味しいパンでみんなほっくり〜心豊かに。パンの気になる情報やおいしい食べ方、愉しみ方を提案していきます。

■サイト情報
パンスタ http://pansta.jp/
twitter https://twitter.com/panstajp
facebook https://www.facebook.com/panstajp

カテゴリー : グルメ タグ :
パンスタの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。