ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フラチナリズム、武道館ライブを“仮想”したワンマン開催 初のセンターステージにも挑戦

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フラチナリズム、武道館ライブを“仮想”したワンマン開催 初のセンターステージにも挑戦

フラチナリズムが6月24日、東京・ディファ有明にてワンマンライブを実施した。本公演は、「労働to武道館その1〜仮想武道館!?センターステージに挑戦!!の巻〜 supported by 東京工学院専門学校」というタイトルのもと、日本武道館でのワンマンライブ実現を目指した「労働(Road)to 武道館」企画の1つとして行われ、ステージも“武道館”を想定してセンターステージで構成された。

「2017年6月24日。今宵、会場に集まりし全ての人たちが、伝説の目撃者となる。只今より、フラチナリズム ワンマンライブ 労働to武道館その1〜仮想武道館!?センターステージに挑戦の巻〜を開催いたします!! 入場ゲートより、164cm、121ポンド、変幻自在のサウスポー、ドラムス都築聡二の入場です!」と、格闘技の聖地である本会場らしい呼び込みと共にライブがスタートすると、会場は一気に笑いに包まれた。

そして、「ディファ有明の中心にこの男たちが集った瞬間に、ここは世界の中心となる!4人のミュージックマエストロが紡ぐ音は、今宵あなたのレクイエムとなるでしょう!フラチナリズム、ここに見参!! さぁ会場のボルテージは最高潮です!間も無く開演のゴングが会場に鳴り響きます!セコンドアウト!時間無制限一本勝負、レディィィィファイッ!!」という、更に格闘技に寄せてきたアナウンスと共に披露された本ライブの1曲目は「ズコ☆バコ」。その後「やってらんねぇ」「なんてファンタスティック」「愛knowダンスhole」「Don’t Stop My Love〜あいつはドスマラ〜」と、アップテンポな盛り上げソング6曲を立て続けに披露。会場のボルテージは一気に高まった。

ここでVo.モリより、「僕たちフラチナリズムですが、5月17日に「ハーフ&ハーフ2」というアルバムをリリースしました!このアルバムは、オリジナル曲とカバー曲が半分ずつ入ってます。なので、ここからはみなさんも一緒に盛り上がれるようにカバー曲を歌いたいと思います。知ってる人は一緒に歌って下さい!知らない人は…一緒に歌って下さい!!」というフリがあり、「恋愛レボリューション21」「MUGO・ん…色っぽい」「君がいるだけで」の3曲を披露。半ば強引に会場のファンを巻き込んで盛り上がった。と、ここで、まだ売れていなかった(今もまだ売れていないが)フラチナリズムの前身バンドであるマニシェ時代の楽曲を集めたメドレー、題して「これじゃ売れないメドレー」をノリノリで演奏。観客は「この曲何だろう…?」と疑問に思いながらも空気を読んでライブを楽しんだ。

そして、インディーズ時代の曲でメジャー盤「ハーフ&ハーフ2」にも収録されている名曲「アイアイアイラブユー」を披露。するとここで空気が一変。友人に向けた珠玉のバラードソング「懐かしき友よ」、不器用な父親から結婚する愛娘への気持ちをストレートに歌ったメッセージソング「帰っておいで」、インディーズ時代から大切に歌ってきた名曲「幸せのキセキ」を丁寧に歌い上げると、先ほどのノリが嘘のように観客は歌に聴き入った。

ライブの終盤に差し掛かると、再びVo.モリより「みなさん、今日のライブは日本武道館ワンマンライブへの第一歩です。来てくれて本当にありがとうございます。僕たちフラチナリズムは、日本武道館に向けてこれからも頑張っていきますのでこれからも付いてきて下さい!後半戦も盛り上がっていきましょう!」というMCの後、「ひな壇芸人行進曲」「プラネタガール」「大江戸ディスコ」、ライブの定番中の定番曲「KAN&PAI -THE GENESIS-」を熱唱。会場に集まったファンの熱気覚めやらぬまま、本編は終了した。

観客からの大きなアンコールと共に再びステージ上に登場すると、「テトテ」「ふんどし男の夢花道」の2曲を披露して、本公演は幕を下ろした。全力で観客を楽しませようとするメンバーと、全力でライブを楽しもうとするファンによって、まさに“武道館”への第一歩を感じさせる一夜となった。

撮影:カメラ小僧

セットリスト
M-1 ズコ☆バコ
M-2 やってらんねぇ
M-3 なんてファンタスティック
M-4 愛knowダンスhole
M-5 We gotta MUSIC(メンバー紹介曲)
M-6 Don’t Stop My Love〜あいつはドスマラ〜
M-7 恋愛レボリューション21
M-8 MUGO・ん…色っぽい
M-9 君がいるだけで
M-10 これじゃ売れないメドレー(Tambourine day〜セクレリア・ディジレリア〜ガナトゥーヤ〜HEAVENLY TIME〜U.V.B〜Ride on time〜あ・く・ま・でナイトフィーバー)
M-11 アイアイアイラブユー
M-12 懐かしき友よ
M-13 帰っておいで
M-14 幸せのキセキ
M-15 ひな壇芸人行進曲
M-16 プラネタガール
M-17 大江戸ディスコ
M-18 KAN&PAI -THE GENESIS-

EN-1 テトテ
EN-2 ふんどし男の夢花道

関連リンク

フラチナリズム オフィシャルサイトhttp://www.furachinarhythm.com/
フラチナリズム 日本クラウンhttp://www.crownrecord.co.jp/artist/furachinarhythm/whats.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。