ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ロン・ハワード監督、『スター・ウォーズ』ハン・ソロのスピンオフ映画の監督を引き継ぐ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

オスカーを獲得した映画作家のロン・ハワードが、『スター・ウォーズ』のハン・ソロを描くスピンオフ映画の監督を引き継ぐと、ルーカスフィルムが発表した。

これまで監督を務めていたフィル・ロードとクリストファー・ミラーは、ルーカス・フィルム社長でプロデューサーのキャスリーン・ケネディ、および共同脚本家兼エグゼクティブ・プロデューサーのローレンス・カスダンと製作途中で衝突し、20日に解雇された。映画『LEGO(R)ムービー』や映画『21ジャンプストリート』を手掛けたデュオは、より多くのユーモアをストーリーに組み込み、即興演技を奨励したが、それをカスダンが良しとしなかった。

ハワードは直ちに仕事に取り掛かる。本作はまだ数週間の撮影スケジュールを残しており、また、今年の後半に5週間の追加撮影期間がある。残りの製作を終えるために必要となる正確な時間と資金は、ハワードが脚本をどれくらい書き直し、追加撮影を行うかによって決まる(両監督が解雇された時点では、撮影のおよそ4分の3が終わっていた)。

発表された日の夜、ハワードは仕事を喜んで引き受けたとツイッターに投稿した。






ハワードが本作品にどのようにクレジットされるかは不明だ。ロードやミラーとクレジットを分け合うか、または、まずないと思われるが全くクレジットされない可能性もある。ロードとミラーはいかなる意見も訴える権利を保有しているが、最終的には全米監督協会が決定を下す。

ハワードとルーカスフィルムは、過去にファンタジー・アドベンチャー映画『ウィロー』で共に仕事をしている。1988年に公開し、2つの技術的なアカデミー賞にノミネートされたが(視覚効果賞・音響効果編集賞)、興行収入では奮わなかった。ハワードが監督した作品には、映画『バックマン家の人々』、映画『スプラッシュ』、映画『バックドラフト』、映画『ダ・ヴィンチ・コード』、映画『アポロ13』、そして2001年に公開し、極めて優秀で非社交的な数学者ジョン・ナッシュの姿を描き、監督賞と作品賞を含むアカデミー賞主要4部門を獲得した映画『ビューティフル・マインド』などのヒット作がある。

しかしながら、この元子役の監督はいま、大ヒットを求めている。彼は映画『インフェルノ』、映画『白鯨との闘い』、映画『ラッシュ/プライドと友情』、そして映画『僕が結婚を決めたワケ』を含め、このところヒットが出せていない状態にあるためだ。彼にとって最後の大成功は、2009年に公開した映画『天使と悪魔』だ。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。