体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デキる人が欠かさない「何気ない5つの習慣」

世間の評価と自分の努力は、必ずしも一致するとは限りません。よかれと思って取り組んだことが逆効果となり、評価を下げてしまう時すらあるのが現実です。そんな厳しい世の中で、すいすいと仕事で成果を出し、会社で評価を上げる人が稀に存在します。

そこで今回は、広告代理店勤務時代に、周囲の評価を思う以上に上げたVIPと3000人以上交流し、彼らの働き方の秘密を研究している「気配り」のプロフェッショナル・後田良輔さんに「デキる人の何気ない習慣」についてお話を伺いました。

f:id:tany_tanimoto:20170623112841j:plain

期待以上の評価は「ターゲット設定」で決まる

自分の努力を確実に実績に変換し、周囲の評価を上げていったVIP達は、「誰からの評価を先に上げるべきなのか」の答えを持っていました。

あなたは評価を上げるべきターゲットの優先順位をきちんと決めていますか?周囲の評価を全般的に上げようとするのは失敗の元。川の流れと同じように、周囲の評価は上から流れて大きく広がってゆくものです。そのため、まずは上流にいる「キーマン」から評価を獲得すべき。キーマンの評価が上がれば、そこから周囲の人間に評価が広がってゆくでしょう。

キーマンの評価は「5つの習慣」で獲得できる

「下足番を命じられたら日本一の下足番になってみろ。そうしたら誰も君を下足番にしておかぬ」と、阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループを創業した実業家の小林一三氏は言いました。

キーマンはあなたの出来る範囲のことしか期待していません。キーマンだからといって、いきなり無理難題をいう訳ではないのです。当たり前の課題を出し、当たり前の答えを返すことで、信頼関係が生まれ、評価が少しずつ上がっていきます。

また、キーマンは大きなことよりも、あなたの小さな習慣に目を向けています。まずは「デキる」より「失敗しない」ということを目指してください。キーマンの評価は「ロープの綱渡り」と同じです。バランスを取り、その場にとどまっているだけでも、ライバルはどんどん脱落していきます。

まずはキーマンが気にしている「口ぐせ」「しぐさ」「メモの取り方」「姿勢」「持ち物」という「5つの習慣」を身に付けることから始めましょう。どれも3秒もあればできることなので、取り組まない手はありません。

■5つの習慣-1 「口ぐせ」

あなたは忙しいときにどんなことを言っていますか?もし忙しいときにそのまま「忙しい」と言っていたら要注意。忙しい時こそ「忙しい」と言わず、「バタバタしている」と言い換えてみましょう。「バタバタしている」は「忙しい」に比べ、ネガティブな印象を含みません。仕事に前向きでいつでも引き受ける姿勢がある人はすぐに「忙しい」とは口にしないもの。「いまバタバタしているから、1時間後でもいいかな」というように代替案を提案しています。そんな人のところに良い情報と面白い仕事は集中していくのです。

■5つの習慣-2 「しぐさ」

キーマンと一緒に歩く時、あなたはどんな風に歩いていますか?評価される人はキーマンを「三角形の頂点」に据えて、自分はやや後方に位置するように歩いています。これが自然とキーマンの優越感をくすぐり、どんどん気持ちよくさせる歩き方なのです。

三角形をキープしながら、状況に応じ、小走りで前に出てドアを開けたり、エレベーターのボタンを押し、手際よく用件をすませたら、今度も小走りで後方に戻る。また、二人のときはキーマンの3歩斜め後方を歩けばOKです。キーマンはこんなちょっとしたしぐさで人を判断しています。

■5つの習慣-3 「メモの取り方」

メモを書く時、あなたは何に書いていますか?ルーズリーフやミシン目つきの紙、または手のひらサイズのメモ帳を使っているなら、A4サイズ以上の大きなノートに変えてみましょう。

キーマンは自分の話をとても重要だと思っています。だからこそ切り離しが可能だったり、風が吹いたら飛んでいくかもしれないメモ紙だったりすることを嫌っている傾向があります。キーマンの話を書き留めるときは、A4サイズ以上の大きなノートで相手にきちんと見えるようにメモする。たったこれだけで「コイツはよく話を聞いているなぁ」という評価を得られます。だからこそ大きなノートに、しっかりと相手に見えるようにメモする必要があるのです。

■5つの習慣-4 「姿勢」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。